ZAISO-TIMES

zaisotimes.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 07日

平屋→2階建てに。

d0095873_11451174.jpg
d0095873_11452938.jpgd0095873_11454942.jpg
d0095873_1146648.jpgd0095873_11461711.jpg
瀬戸市のK様邸にて、平屋建てから2階建てへの増築工事をしています。

増築前は、和室1室+ダイニングキッチンという、コンパクトな住まいでした。
建てられた当初は、
「2階が必要になったら、その時につくればいい。ひとまず、必要な大きさでいい。」と、
必要最低限の空間を持つ平屋にされました。
(磨きのかかった床柱や、じゅらく塗りの壁、壁下地は荒壁、外回りの装飾にもこだわった和風建築で、個人的には、良いスケール感の家でした。)

お子様が小学生になられ、徐々に手狭になってきて、
消費税や材料原価の見直しが行われている時期ということもあり、このタイミングで増築工事を。


d0095873_11595635.jpg
梅雨の合間を狙って、先日解体工事→建て方を実施。

d0095873_1212999.jpg
d0095873_1233962.jpg
基本的には今のお住まいの躯体を活かします。
1階部分はそのまま残し、屋根を解体して、その上に2階をつくるため、
人の手による解体です。

d0095873_124357.jpg
棟梁の小林大工も参戦。
解体業者に、細かく指示を出します。
現場監督という職がなかった頃、大工が現場の全てを把握して、まとめていました。
そんな時代を思い出すような光景。

今ある建物と、新しい建物を組み合わせる増築工事は、より一層気を遣います。
特に構造躯体の新旧の取り合い部分の切断は技術が必要となるため、
大工も立ち合いながらの解体となります。

d0095873_1252128.jpgd0095873_125999.jpgd0095873_1253391.jpg
竹木舞が編み込まれた土壁も丁寧にはがしていきます。
2階建てにするために、既設の母屋も一部カット。
精度を求められるので、このあたりは大工が手を入れていきます。

解体業者8人+大工2人で、1日かけての解体作業が終わり、
次の日には、建て方が始まります。


続く。




ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

d0095873_19105572.jpg

楽しい省エネライフを送ろう!
私たちは、この運動に賛同しています。

d0095873_2005798.jpg
太陽をうまく使い、
家そのものが働く床暖房「OMソーラー」

d0095873_15331110.jpg
チルチンびと別冊42号
「今こそOMソーラー 自然の力を借りて季節を感じる家づくり」
定価990円

「奥町の家」が紹介されています。
書店・図書館にて、ぜひご覧ください。
d0095873_111338100.jpg


豊田市京町にて展開中の
環境共生型分譲住宅です。

[PR]

by zaiso-house | 2013-06-07 14:31 | 家づくり


<< 増築の建て方。      今日は熱田まつり! >>