ZAISO-TIMES

zaisotimes.exblog.jp
ブログトップ
2009年 04月 10日

細長い敷地での、光の採り方。

d0095873_11463855.jpg
今年1月に竣工した「ゆたかの家」は、間口約6m×奥行き20mの細長い敷地に建つ住まい。
廻りを家やビルなどに囲まれているその環境で、開放感をいかに生み出すかがテーマでした。


d0095873_11485577.jpgd0095873_1149262.jpg
アプローチを長くとって、通りからの距離をとり、
リビング上部は勾配天井にして、開放感を。
下屋に天窓を付けて、天井からも採光を図っています。


d0095873_11521086.jpgd0095873_11522345.jpg
1月下旬の午前11時頃。
天窓からの光は、リビング奥のダイニングを照らし、キッチン廻りも明るく保たれています。


d0095873_11533448.jpg
d0095873_11535295.jpg
リビング、奥にダイニングと続き、その奥に階段があります。
階段ホールから差し込むあかりも、奥行きのある住まいでは重要な光源。
上部が明るいことは、開放感につながります。

いわば“うなぎの寝床”の敷地での住まいも、光のコントロールで、心地よさはUPするもの。



ところで、下屋の上部は布団干し台になっています。
d0095873_11564384.jpgd0095873_11565528.jpg
布団干し台から、下屋・天窓を見る。
光を導く天窓ですが、夏は室内の温度を上げてしまう原因に。
その時は、布団干し台から、容易によしずをかけることができます。


1年を通して過ごしやすい住まいであるために、
あかり採りひとつにも、実用性を多面的に考えて設えることが大切です。




・・・・◆見学会・イベント情報◆・・・・・・・    
◆住まい手宅訪問会
 日時:5月17日(日) ※完全予約制    
 場所:「やまて坂の家」<愛知県瀬戸市内>
     (2007.4竣工 住まい歴2年)
     
詳しくはザイソウハウスHPイベント情報”にて公開いたします。


・・・・◆雑誌で見るザイソウの住まい◆・・・・・・・
<発売予定>
「地元の工務店で建てた」デザイン住宅 2009年度版   扶桑社
全国の工務店が建てた施工物件が約30例掲載されています。
様々な住まいと暮らし方が紹介されている、好評の家づくりムック本。 
【発売日】4月17日(金)
【定  価】1,000円
[PR]

by zaiso-house | 2009-04-10 12:05 | 設え


<< 知識と技術の向上。      「大高南の家」の左官。 >>