ZAISO-TIMES

zaisotimes.exblog.jp
ブログトップ

タグ:職人 ( 13 ) タグの人気記事


2013年 06月 14日

増築の建て方。

d0095873_11413885.jpgd0095873_11415243.jpg
平屋建てから、総2階建てへの増築工事となる、瀬戸市K様邸。
屋根部分の解体を行った次の日に行われた建て方の様子です。

最も時間がかかるのは、土台伏せ(2階の床をつくる)。
現状の1階の梁+耐力上必要となる梁を足し、その上に構造用合板を敷き、床とするのですが、
既存の建物は年月を経る中で、若干の変形(たわみや縮みなど)をしているので、
水平を計りながら、木材を少し削ったり、スペーサーを入れたりして、微調整をする必要があります。

d0095873_11554881.jpg
d0095873_1155451.jpgd0095873_11531720.jpgd0095873_11543943.jpg
平屋→二階建てにする際には、通し柱を入れなくてはならないので、
建物四隅に基礎を新設し、現状柱+通し柱で補強。材同士もボルトで緊結して、強度を高めています。

d0095873_1159534.jpg
d0095873_12086.jpg
d0095873_1202960.jpg
d0095873_1205831.jpg
床をしっかりと固めたら、
柱立て、梁、屋根桁をかけていきます。

1階室内は手を入れないということもあり、雨養生が難しいので、雨だけが本当に心配。
精度はもちろんですが、スピードも求められます。
解体、建て方は2日間で行い、この日は大工が7人集結。
どの大工も、日頃各現場で木造建築に携わっている、ザイソウハウスの精鋭たちです。

特に木造建築の増築は、
木造建築を知り、木材を刻み、「家を造る」ことのできる大工でないと、難しいものです。
これからの時代、このような機会が増えることを考えると、
本物の大工は、大切にしたいものです。

d0095873_128022.jpg
ご家族だけでなく、街の方々も見守り、喜び、バックアップしていただいた建て方でした。

K様、今後とも何卒よろしくお願いいたします。




ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

d0095873_19105572.jpg

楽しい省エネライフを送ろう!
私たちは、この運動に賛同しています。

d0095873_2005798.jpg
太陽をうまく使い、
家そのものが働く床暖房「OMソーラー」

d0095873_15331110.jpg
チルチンびと別冊42号
「今こそOMソーラー 自然の力を借りて季節を感じる家づくり」
定価990円

「奥町の家」が紹介されています。
書店・図書館にて、ぜひご覧ください。
d0095873_111338100.jpg


豊田市京町にて展開中の
環境共生型分譲住宅です。

[PR]

by zaiso-house | 2013-06-14 12:14 | 家づくり
2013年 04月 08日

駐車場を仕上げるときは。

d0095873_1961181.jpg
「街にゆったり住まう家」の駐車場は、北側にあります。

d0095873_1915653.jpgd0095873_19152646.jpg
d0095873_19154220.jpgd0095873_19155453.jpg
こちらの駐車場は、コンクリートを打設して、コテで滑らかに均して仕上げています。
打ちたてのコンクリートはやわらかく、その上に乗って仕上げるので、
「スリッパ」と呼ばれるカンジキのような靴を履いています。
すると、身体が沈まず、靴跡もあまり残らず、滑らないので安全に作業ができます。

広域用のコテ、細部用のコテ、角用のコテと使い分けながら、
奥から順に、丁寧に仕上げていく作業。


ちなみに、どの順番に塗っていくかを計画しながら進めないと、
塗り忘れや、自分が出られなくなってしまうので、注意しなくてはいけませんね。
(もっとも、職人は慣れているのでそんなことはないですが)



ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

d0095873_19105572.jpg

楽しい省エネライフを送ろう!
私たちは、この運動に賛同しています。

d0095873_2005798.jpg
太陽をうまく使い、
家そのものが働く床暖房「OMソーラー」

d0095873_15331110.jpg
チルチンびと別冊42号
「今こそOMソーラー 自然の力を借りて季節を感じる家づくり」
定価990円

「奥町の家」が紹介されています。
書店・図書館にて、ぜひご覧ください。
d0095873_111338100.jpg


豊田市京町にて展開中の
環境共生型分譲住宅です。

[PR]

by zaiso-house | 2013-04-08 19:26 | 道具
2013年 02月 04日

手しごと。

私たちの家づくりには、経験豊かな職人の手技と知恵と想いが詰まっています。

d0095873_13452387.jpgd0095873_13442711.jpg
長さ400cm、幅12cmの床板をはめていく、各務棟梁。
柱があらわしになる真壁づくりのため、柱廻り、窓廻りは特に、美しく納めなくてはなりません。

d0095873_1343506.jpgd0095873_13441284.jpg
ひとつひとつ表情の異なる無垢材を使うため、
床材の中から、節の有無・大きさ、木目、色合い等を見て、どこにどの板を使うか振り分けていきます。
例えば玄関やリビングにはできる限り美しい板をもっていき、収納の中などは節が多いものを持っていく。
良し悪しが引き立たないよう、バランスよく繋げていくのも、大工の技量です。



d0095873_1359519.jpgd0095873_13591759.jpg
d0095873_1359319.jpgd0095873_13594228.jpg
珪藻土の塗り壁を仕上げていく左官。
写真左下は、外部階段にモルタルを塗り、化粧をしている様子。
仕上げ材の練り具合や配合を、その日の気温や湿度によって微妙に変えています。
また、平滑で美しい仕上げには、絶妙な力加減が必須で、このあたりも経験がものをいいます。

ちなみに、
左官道具の鏝(コテ)は、大工でいう鑿(ノミ)や鉋(カンナ)のようなもので、
職人は多くの鏝を持っており、場所や素材によって使い分けています。


大工と左官は、昔から建物建築に欠かせません。
それぞれ直ぐになれるわけではなく、
親方に弟子入りし、長年経験を積んで一人前になることができます。
それゆえ、職人たちは自分たちの仕事に誇りを持ち、携わっている家づくりに愛情を注いでいます。

既製品が多用される現代は、
無垢材をうまく扱えない大工が増え、左官職人の数が減っています。
日本の伝統と、その価値を、きちんと後世にも繋いでいきたいものです。





ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

d0095873_19105572.jpg

楽しい省エネライフを送ろう!
私たちは、この運動に賛同しています。

d0095873_2005798.jpg
太陽をうまく使い、
家そのものが働く床暖房「OMソーラー」

d0095873_15331110.jpg
チルチンびと別冊42号
「今こそOMソーラー 自然の力を借りて季節を感じる家づくり」
定価990円

「奥町の家」が紹介されています。
書店・図書館にて、ぜひご覧ください。
d0095873_111338100.jpg


豊田市京町にて展開中の
環境共生型分譲住宅です。

[PR]

by zaiso-house | 2013-02-04 14:24 | 仕事人・職人
2011年 12月 12日

古いものと新しいものを継ぐ。

d0095873_135510100.jpg
d0095873_1355592.jpg
d0095873_13571513.jpg
21年前に建てさせていただいた「山野田の家」は、これからの生活スタイルと、住み心地、維持管理を考えて、
ただいま、1Fを大型リフォーム中です。(OM地球温暖化対策技術開発事業実証物件に採択)

下屋で温めた空気を、床下に送り、1Fの室内空間を暖める仕組み。
1Fの一部を残して、今は柱や梁などの構造材のみの状態で、
OMソーラーのガラス集熱パネルを載せる、下屋の造作をしているところ。

d0095873_1444768.jpgd0095873_146051.jpgd0095873_1452585.jpg
d0095873_1471671.jpgd0095873_1474726.jpgd0095873_148457.jpg
21年間支えてきた柱や梁に、新たな構造材を組み込む。
21年前は、構造材を現場で手刻みしていたので、いたるところに、棟梁直筆の番付が見られます。
実は、「山野田の家」を新築した大工が、今回のリフォームの棟梁です。
住まい手さんも、同じ大工に再び手を加えてもらうことをとても楽しみにしてみえました。

d0095873_142506.jpgd0095873_14254792.jpg
d0095873_14272169.jpgd0095873_14281229.jpg
棟梁の平野正三大工。私たちとは30年ほどの付き合いのある大工で、社寺建築に携わったことも。
豊かな経験を基に、じっくり丁寧に造るその腕は確かなものです。
21年前にご自身が棟梁として建築した家に、今また携わることについて、聞いてみると、
「(我ながら)丁寧に作ってあるなぁと思ったよ。
当時は現場で刻んでいたから(今は工場でプレカットされるので、現場で刻むことは少なくなったのです。)、手がかかっているよね。」と。
プレカットされた材を組む経験しかない大工が増える中、
現場で手刻みで材を整えていた職人の腕が、このような現場で活きるのです。

d0095873_14285693.jpgd0095873_14292021.jpg
棟梁の弟さん、平野利雄大工。
ご兄弟でペアを組まれていて、「山野田の家」もふたりで作られました。

構造材を組みかえるような大型リフォームは、年月を経た材と、新しい材を組み合わせるので、
ひとつひとつ寸法や傾きを測りながら、微調整を図りながらの手作業となります。
作業中、各所に目を配り、細かな指示を出しながら、丁寧に刻み組み上げていく姿が印象的でした。


d0095873_1573078.jpg
照れ笑いの平野棟梁。
経験豊かで、ザイソウの大工の中でも年上ですが、
穏やかで、優しい方です。




「山野田の家」のOM化、温熱、耐震、バリアフリー改修は、来年2月末まで続きます。
変わりゆく暮らしに合わせて、快適な住環境を提供できることは嬉しいこと。
それも、新築当時に携わった同じスタッフと共に、造り上げられるのはありがたいことです。
長持ちする、いい家を造りたいと思います。




「山野田の家」改修工事
(OM地球温暖化対策技術開発事業実証物件)

現場監督/鬼頭 康博
棟  梁/平野 正三






ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

d0095873_19105572.jpg

楽しい省エネライフを送ろう!
私たちは、この運動に賛同しています。

d0095873_2005798.jpg
太陽をうまく使い、
家そのものが働く床暖房「OMソーラー」


[PR]

by zaiso-house | 2011-12-12 18:01 | リフォーム
2011年 11月 18日

住まい手目線。

d0095873_19112447.jpg
家づくりに携わる関係業者を集めて、毎月定期的に開催している業者定例会でのヒトコマ。
よりよい家づくり現場を目指すために、様々なことを討議する場で、
今回は、現場監督の鬼頭が発表。
テーマは、

「現場でのマナー」

人によって、良し悪しが異なるマナーは、難しいものです。
気をつけているつもりでも、足りない時や、観点が違う時もあります。
一番怖いのは、良かれと思っていることや、何気ないことで、住まい手さんを傷つけてしまうことも。
いくつかの事例を挙げて、皆の認識を確認します。
d0095873_19323248.jpg
d0095873_19334127.jpg
噛みしめるように資料を見る人、想いを発言する人、、、。


住まいづくりは、
住まい手さんにとっては、一世一代のこと。
初めての経験である人がほとんどで、
その家づくりでの経験が、とても貴重で想い出に残るものです。
家を造り慣れている職人やスタッフは、
常に初心に立ち返り、住まい手さんの目線で考えることを、忘れてはなりません。
もちろん、近隣の方々の目線で考えることも。

d0095873_19104077.jpg
ディスカッションを繰り返し、想いを共有。良い時間でした。



最近いただいた、住まい手さんからのお言葉。
「他の工事現場に訪れたら、ひどい状態で、改めて、ザイソウハウスの職人さんの良さを感じました。
ご近隣の方からも、対応が一番よいとお褒めの言葉をいただきました。」

工事中のマナーが、ご近隣の方と住まい手さんとの関係性に影響を与えることもあるだけに、
ほっとしたお言葉でした。ありがとうございます。


おごらず、謙虚に、真摯な家造りをしていきたいです。








ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

d0095873_19105572.jpg

楽しい省エネライフを送ろう!
私たちは、この運動に賛同しています。

d0095873_2005798.jpg
太陽をうまく使い、
家そのものが働く床暖房「OMソーラー」


[PR]

by zaiso-house | 2011-11-18 08:56 | 仕事人・職人
2011年 10月 27日

働きびと。

「りすと、どんぐりの家」の建て方スタッフをご紹介。
d0095873_1840138.jpgd0095873_18404411.jpg

この道40年以上のベテラン大工、この現場の棟梁である、小林大工です。
木肌が少し毛羽立っていると、やすりやかんなをかけたりして、
木に触れている時の優しい表情が印象的。

秋田県出身で、ザイソウとの付き合いは30年以上。
道具をとても大切にしていて、お昼休みも、道具の手入れをしていたりします。


d0095873_1845671.jpg
小林大工とペアを組んでいる、寺田大工。
冗談混じりのトークが面白い大工さんです。
テキパキと、しかし丁寧に作業をします。そして、とても綺麗好き。



d0095873_18465478.jpg
飯島大工。
小林大工と同じくらいの経験年数で、
私たちとの付き合いも20年以上のベテラン大工です。
今回は、建て方の応援大工さんとして協力しています。




建て方は、天候と時間との戦いで、体力も使うので、応援大工を要請します。
応援とはいえ、ザイソウの家づくりを熟知している大工さんばかりなので、連携もスムーズです。
たいてい他の家づくり現場を持っていて、建て方の時はその現場を一旦休んで、駆けつけています。


最後に、
d0095873_18562427.jpg
現場監督の西川です。
現場の様子、動きに目を配りながら、職人のフォローをし、
タイムキープをしながらも、適宜、施工チェックと記録に余念がありません。
ちなみに、今年も優良現場管理者の表彰を受けました。
余談ですが、滋賀県出身なので関西弁です。





それにしても、
働く人の顔、立ち振舞いは、美しいですね。





「りすと、どんぐりの家」~長期優良住宅・近くの山の木でつくるOMソーラーの家~
設計・施工/(株)ザイソウハウス
現場監督/西川 俊弘
棟  梁/小林 文男



ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

d0095873_19105572.jpg

楽しい省エネライフを送ろう!
私たちは、この運動に賛同しています。

[PR]

by zaiso-house | 2011-10-27 13:00 | 家づくり
2010年 08月 19日

表彰状と、8月の定例会。

d0095873_9594532.jpgd0095873_9595897.jpg
先日表彰を受けた「優良品質管理工務店」と、「優良品質管理者」の表彰状が届きました。
毎年絵柄や枠が違っていて、楽しみのひとつです。
優良品質管理工務店の楯(写真左)は、白駒一樹さんの作品
優良品質管理者の楯(写真右)は、綿引明浩さんの作品

よくある表彰状ではなくて、シンプルな版画作品を贈るところが、OMらしくてお気に入り。






この表彰を支えていただいている業者のみなさまが集まる定例会。
お盆休み明けの昨日、今月の定例会が開催されました。
そこで毎回テーマを変えて討議や勉強をしているのですが、今月のテーマは、「人との接し方」。

d0095873_10573850.jpg
d0095873_10575766.jpgd0095873_10581057.jpg

家づくり現場で、お施主様や近隣の方々にお会いした時、どのように対応するのか?
これまでの経験や、考えを語る、小林さんと、聞き入る足場業者の藤井さん(写真左)。
同じく大工の、平野さんご兄弟(写真右)。

生活の基本である、人とのコミュニケーションを、あえてテーマにしました。
コミュニケーションは、非常に大切なことだからです。
家づくりの世界は、まだまだ情報の少ない閉ざされた世界なので、
誰が何をやっているのか、一般の方にはわからないことも、多々あると思います。
でもそれは、満を持して家づくりをされているお施主様はもちろん、近隣の方々にとっても、興味深いこと。

お施主様や地域の方々に安心してもらい、気持ちよく、楽しく家づくりを進めていけるように、
気軽に声をかけていただける雰囲気を、家づくりスタッフから積極的に発信していこう。
そんな想いを、再確認できた話し合いでした。


思いやりあるコミュニケーション。
家をただ完成させることだけが目的ではないので、
あたり前のことなのですが、大切にすべきことですね。




~9月は3つの住まいが完成!!!~
・・・・◆見学会・イベント情報◆・・・・・・・   
◆「奥町の家」建物完成見学会◆
日時:9月11日(土)・12日(日) 10:00~17:00
場所:愛知県一宮市内(予約制)
  

◆「暮らしを愉しむ家」建物完成見学会◆
日時:9月18日(土)・19日(日) 10:00~17:00
場所:愛知県北名古屋市内(予約制)


◆「小幡の家」建物完成見学会◆
日時:9月25日(土)・26日(日) 10:00~17:00
場所:愛知県名古屋市内


※詳しくはザイソウハウスHPをご覧ください。





ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

[PR]

by zaiso-house | 2010-08-19 11:22 | ザイソウハウスのこと
2009年 11月 21日

「打中の家」室内珪藻土塗り。

d0095873_9163948.jpg

8月中旬に着工し、10月上旬には建物構造見学会を行った「打中の家」。
足場が外れて、外観が見てとれるようになりました。
1F前面は、防火サイディングの上に杉板を張り、その他は、ガルバリウム鋼板の波型を張った外装。
OMソーラーの家で、ファンを動かす電力を太陽電池で賄うため、外付け棟ダクトの上部に、太陽電池が載っています。


内部工事は珪藻土塗りを開始したところ。
d0095873_9282225.jpgd0095873_9283476.jpg
d0095873_9285057.jpgd0095873_929418.jpg
珪藻土塗りは、まず下準備からかかります。写真は、養生を行っているところ。
瀬尾業務店の瀬尾成美さんが、素早くマスキングテープを貼っていました。
「塗り壁の仕上がりは、マスキングのうまさで決まる。」と言われるくらい、簡単そうで難しく、重要な仕事。
気持ちいいくらい、素早く貼られていくマスキングテープを、よく見てみると、
珪藻土の塗り厚分、浮かして貼られています。
幅広いテープを使い、柱から立ち上げているのは、柱に珪藻土が誤ってついてしまうのを防ぐため。
梁はビニールですっぽり覆って、珪藻土が付着するのを防止。

「今日は一日、マスキングさ。
マスキングテープを、もう15ロール使ったかなぁ。」と、成美さん。
成美さんがマスキングをする光景をよく見かけるので、なぜかと問いかけてみると、
「僕が一番うまいからさ。こう見えても、器用なんだよ。」



「打中の家」は工事も佳境を迎えています。
完成は1月上旬で、見学会開催が決定しています。




「打中の家」建物完成見学会
日時:2009年1月9日(土)・10日(日) 10:00~16:00
場所:愛知県名古屋市中川区内
~参加ご希望の方は、ご連絡ください。~





~年内最後の、家づくりイベント・見学会~
・・・・◆見学会・イベント情報◆・・・・・・・   

◆「三好丘の家」建物構造見学会◆
日時:12月6日(日) 10:00~17:00
場所:西加茂郡三好町内
~建築中の家をご覧いただく見学会です。~

   
詳しくはザイソウハウスHPイベント情報”をご覧ください。
[PR]

by zaiso-house | 2009-11-21 09:50 | 家づくり
2009年 10月 07日

電気の安全を考える。

d0095873_1465237.jpgd0095873_147763.jpg

家作りに携わる協力業者を集めて、毎月開催しているザイソウの定例会では、
それぞれの業者さんが、現場の品質改善への提案などを皆の前で発表する機会を設けています。

この日は、電気配線や電気器具の取り付け等を請け負っている、国栄電気の安藤さんが発言。

電気はほとんどの職方の作業に必要となるもの。
安藤さんは、専門的な立場から、
現場の作業用電気を安全に、効率よく使うことの重要さを提言。

安藤さんの発言を受けて、
他の協力業者も、自分たちの仕事だけでなく、廻りの仕事も含めて振り返り、
作業の進め方について改めて考える、良い機会となったようです。

d0095873_14103749.jpg
普段からそこにあり、使用頻度の高い電気。
プロからの話は、自己認識の再確認や、新たな発見もあり、皆からの質問に一生懸命回答中の安藤さん。


皆で共通の認識を持ち、現場の安全を高めていきたいですね。




~今秋も家づくりイベントが目白押し。~
・・・・◆見学会・イベント情報◆・・・・・・・   
◆「大清水の家」建物完成見学会◆
日時:10月24日(土)・25日(日) 10:00~17:00
場所:名古屋市緑区内
~西間口の細長い敷地に建つ住まい~
   
詳しくはザイソウハウスHPイベント情報”をご覧ください。



・・・・◆雑誌で見るザイソウの住まい◆・・・・・・・

<発売中>
「大人の名古屋」 都心脱出号   阪急コミュニケーションズ
地域に根差した情報が満載。
雰囲気の良いカフェやレストラン、インテリアショップなども掲載。
住宅特集の中に、自然素材と無垢の木でつくる家として紹介されます。 
【発売日】7月27日(月)
【定  価】880円


<発売中>
「建築知識 7月号」   (株)エクスナレッジ
建築全般の、法律や構造などに基づいた設計手法などを解説する専門誌。
その中で、弊社スタッフが、暮らし方で変わる住まいの温熱環境について執筆しています。 
【発売日】6月20日(土)
【定  価】1,995円


<発売中>
「地元の工務店で建てた」デザイン住宅 2009年度版   扶桑社
全国の工務店が建てた施工物件が約30例掲載されています。
様々な住まいと暮らし方が紹介されている、好評の家づくりムック本。 
【発売日】4月17日(金)
【定  価】1,000円
[PR]

by zaiso-house | 2009-10-07 14:15 | 仕事人・職人
2009年 06月 28日

床張り。

ザイソウの家の床は、無垢板のフローリング。
下地材の上に、桧だったり、杉だったり、唐松だったりの無垢板を張っていきます。
床板張り真っ最中の「万場山の家」の様子から、その工程をご紹介。

d0095873_1162046.jpgd0095873_1163381.jpg
「万場山の家」の2Fの様子。床板の材質は、杉です。
幅140mm×長さ約4000mmの無垢板を、カットして使用。
まず、床板の裏に、木工ボンドを塗り、木で叩いて、床板同士をきっちりと組んでいきます。
ちなみに床板材の裏には、溝加工がされていて(黄色○)、ボンドが絡みやすくなっています。

d0095873_1655032.jpgd0095873_1655194.jpg
d0095873_1656298.jpg







次に、
床板の横から、フロアーステープルという専用の釘を打ち込み、固定。
木板同士は、木目ができるだけ自然に繋がるように、
吟味して組み合わせていきます。
継ぎ目は交互に、整然と組み合わされているのも特徴。(右上写真参照)
写真左は、専用のガン。
重く、打ち込む力も強いので、
慣れていない人にとっては、扱い難いもの。


こうして、床板を固定する作業を、一枚一枚繰り返していき、床が仕上がっていきますが、
ある程度張ると、養生材を敷いていきます。
d0095873_1701154.jpgd0095873_1702558.jpg
d0095873_1705727.jpg
まず、床材の上のほこりを落として、
ロール状の養生シートを敷き、その上にクッション材を敷いていきます。
内部造作は、床→壁→天井の順番で施工していくので、
これからの工事期間中、傷つくことを防ぐため、厳重に養生することが必要なのです。


「万場山の家」の床張りは、所要4日間。
一枚一枚個性のある無垢板を、コツコツと張って仕上げていく床は、
一軒ごとに表情が違い、その家の個性となっていきます。


「万場山の家」
設計・施工/(株)ザイソウハウス
現場監督/鬼頭 康博
棟   梁/各務 忠行





~この夏はイベント目白押し。様々な角度から、家づくりを学びませんか?~
・・・・◆見学会・イベント情報◆・・・・・・・   
◆建物完成見学会◆
 日時:7月25日(土)・26日(日) ※予約制
 場所:「星見ヶ丘の家」(三重県桑名市内)

◆建物構造見学会◆(予定)
 日時:8月上旬 ※予約制
 場所:名古屋市緑区内
   
詳しくはザイソウハウスHPイベント情報”にてお知らせします。


・・・・◆ホームページ更新情報◆・・・・・・・

  ・WEB展示場にて、新たな住まいを紹介しています。
   子育て真っ最中の共働きご夫婦が住まう「常滑の家」。


・・・・◆雑誌で見るザイソウの住まい◆・・・・・・・
<発売中>
「地元の工務店で建てた」デザイン住宅 2009年度版   扶桑社
全国の工務店が建てた施工物件が約30例掲載されています。
様々な住まいと暮らし方が紹介されている、好評の家づくりムック本。 
【発売日】4月17日(金)
【定  価】1,000円

※現在、プレゼントキャンペーン実施中です。(先着5名様)
 詳しくはザイソウハウスHP“NEWS”をご覧ください。


<発売中>
「建築知識 7月号」   (株)エクスナレッジ
建築全般の、法律や構造などに基づいた設計手法などを解説する専門誌。
その中で、弊社スタッフが、暮らし方で変わる住まいの温熱環境について執筆しています。 
【発売日】6月20日(土)
【定  価】1,995円
[PR]

by zaiso-house | 2009-06-28 17:04 | 家づくり