ZAISO-TIMES

zaisotimes.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 26日

「万場山の家」見どころ紹介。

d0095873_11203574.jpgd0095873_11204731.jpg
小道の突き当り、街を見下ろす位置に建つ、「万場山の家」。
9月5日(土)・6日(日)に完成見学会を行う、こちらの住まいについて、少しご紹介。



コンセプトは、“ミニマムハウス”。
厳しい法規制をクリアしながら、コストを極力抑え、
家族の暮らしやすさを追求した、約29坪の小さな家。


【解放感と安全性】
d0095873_11511461.jpgd0095873_11513012.jpg
道の突き当りの高台に建つので、眺望、陽当たり、風通しの良さが特徴。
小さなお子様がみえるので、
開放感を大切にしながら、安全性にも気を遣っています。
例えばウッドデッキは、全面開放とせず、塀をつくって、囲うかたちに。

落下防止と共に、外部からの目隠し、景色をトリミングする役割なども担っています。
お子様が安心して走り回れる“お庭”になるでしょう。

また、キッチンがデッキに面しているので、お子様を見守りながら家事ができる。
ゴミ出しなどにも便利な配置。

その他にも、高台に建つ家ならではの、お子様対策がたくさん。


【収納スペースをまとめる】
d0095873_11562798.jpgd0095873_11564575.jpg
小さな家は、収納スペースを効率よく配置することが不可欠。
使用頻度の高いものは、玄関ホールや階段下収納に。
階段下収納は、ホール側と、和室側、両方から、取り出しが可能。
手の届くところにあること、奥の物も取り出しやすいことが、使いやすそう。

使用頻度の低いものは、2Fのウォークイン・クローゼットと、擁壁を兼用した地階スペースに。


d0095873_11593737.jpg












3m近くある擁壁の上に、住まいが建つ。
上り下りを考えて、
時々使うアウトドア用品などを保管する、4.5坪の地階をつくっています。



【風の通り道】
d0095873_122044.jpgd0095873_1222068.jpg
吹抜けのような階段室にある、窓。
風を運ぶだけでなく、下りは樹々の緑が、上りは空を眺める、絶景ポイントのひとつ。




【コストを抑える手法】
d0095873_1235830.jpg
コストをミニマムに抑える手段のひとつとして、1・2F共に、ほぼワンルーム、建具も最小限に。
写真は、2Fのフリースペース(手前)、主寝室(奥)の様子。
主寝室の戸を省き、壁一枚で分けて、
お子様が大きくなったら、間仕切ると同時に、建具も付ける予定。


その他にも、水廻りをまとめたり、セルフビルドを採り入れたり、
暮らしやすさは保ちつつ、コストを極力抑える工夫がたくさん。




家づくりのヒントがきっと見つかる「万場山の家」の完成見学会は、只今ご予約受付中です。
皆様ぜひ、ご参加ください。


「万場山の家」建物完成見学会
日時:9月5日(土)・6日(日) 10:00~17:00
場所:名古屋市緑区内


※完全予約制です。詳しくはザイソウハウスHPイベント情報をご覧ください。

[PR]

by zaiso-house | 2009-08-26 12:11 | 設え


<< 「鏡田の家」の、その後。      省エネ・エコロジーな、夏の暮らし。 >>