ZAISO-TIMES

zaisotimes.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 04日

現場レポート

暑さの中にも、秋の気配を感じますね。
現在ザイソウハウスでは、5つの家づくり現場が進行中。うち、3つの今をご紹介。

【打ち中の家(長期優良住宅)~基礎配筋検査~】
以前からお住まいの家の建替えとなる「打中の家」。
ザイソウハウスの長期優良住宅第一号です。8月中旬から基礎工事を開始し、現在基礎配筋が完了したところ。
d0095873_10233395.jpgd0095873_10241172.jpg
工事課長の植田と現場監督による、社内配筋検査。

d0095873_10245112.jpg











現場監督の鬼頭です。
配筋のピッチや重なりを測定し、写真で記録。

d0095873_10254323.jpgd0095873_10255764.jpg
建物の瑕疵保証を受けるために必要な、第三者機関による配筋検査も。

d0095873_10265254.jpg
基礎全景。
長期優良住宅「打中の家」は、10月上旬に建物構造見学会を開催予定です。
お楽しみに。


「打中の家」(長期優良住宅)
設計・施工/(株)ザイソウハウス
現場監督/鬼頭 康博



--------------------------------------------------

【大清水の家~外壁検査~】
d0095873_10291887.jpg
10月下旬に建物完成見学会を開催予定の「大清水の家」。
外装工事が終わり、足場を外す前の社内外壁検査を実施。

d0095873_10302914.jpgd0095873_10304799.jpgd0095873_1031443.jpg
「大清水の家」は、1・2階共にガルバリウム鋼板張りの外装。
正しく施工されているかの確認はもちろん、傷や汚れがないかもチェックします。
植田が、是正項目や汚れがある個所などに、黄色の印をつけていきます。屋根の上も、忘れずチェック。

d0095873_1033152.jpg
検査中のヒトコマ。
飛散防止ネットの内部は少し埃っぽく、それが気になるようで、
外壁検査時は、ガルバリウム鋼板を撫でながら埃を払う、植田の姿がみられます。


d0095873_10343467.jpg
現場を廻っていると、このようなものが。
住まい手さんが、外部木部の板間隔で迷われているようで、わかりやすいように、サンプルをつくったようです。
写真は、板間隔が10mmのものと、15mmのもの。



「大清水の家」では、間もなく足場が外れ、その外観が一望できるようになります。
楽しみですね。


「大清水の家」
設計・施工/(株)ザイソウハウス
現場監督/鬼頭 康博
棟   梁/小林 文男



--------------------------------------------------

【万場山の家~完成見学会直前~】
d0095873_10374085.jpg
d0095873_10375812.jpgd0095873_10381178.jpg
今週末に、完成見学会を開催する「万場山の家」では、
見学会に向けての設営と清掃を実施。
見学会前には、3名のスタッフで、見学会を開催する準備をします。

工事が終わった時点で、クリーニングをかけ、
その後も時折掃除はするものの、やはり埃はたまるもの・・・。
お引き渡し直前に開催する見学会前の掃除は、
参加される方を迎える意味もありますが、住まい手さんにお引き渡しするにあたり、家をきれいにする意味もあって、
入念に清掃。


d0095873_10405651.jpg
室内は、見学会用のセッティングが完了。


お申込みいただいた方、ご来場を心よりお待ちしています。


「万場山の家」
設計・施工/(株)ザイソウハウス
現場監督/鬼頭 康博
棟   梁/各務 忠行



--------------------------------------------------


この他にも、家づくり進行中の現場、地鎮祭を控えている現場などありますので、
折をみて、様子をお伝えしていきたいと思います。
[PR]

by zaiso-house | 2009-09-04 10:46 | 家づくり


<< 見学会のその後に。      「鏡田の家」の、その後。 >>