ZAISO-TIMES

zaisotimes.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 03日

優しいあかり。

d0095873_191853100.jpgd0095873_19303052.jpg
心地よいあかりとは?

自然光が多く入る室内は、明るくてよいのですが、
光をどう入れるかによって、その感じ方が違ってきます。

写真は、「下河町の家」のワークスペース。
テーブルの正面ではなく、側面に窓を設けたことによって、壁の珪藻土が優しく光る。
横から光が入ることを、斜光といい、
斜光に照らされたものは、立体的に浮き上がったように見えます。
珪藻土は、和紙のような細かな凹凸があるので、それらが浮き上がり、
ほんわりと優しい明るさが生まれます。


どのように光が入り、人の目にどのように映るのか。
窓ひとつとっても、その仕組みや効果を考えて配置することで、
「なんとなく心地よい」空間が出来上がります。


d0095873_1931385.jpg
ちなみにこの窓の向こうは水田。
この時は冬だったので、寂しいですが、夏は緑眩しい景色が楽しめます。
作業しながらチラリと見える景色で、ホッとひといき。



「下河町の家」をWeb展示場で紹介しています。是非ご覧ください。





ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

[PR]

by zaiso-house | 2010-08-03 19:52 | 設え


<< 地鎮祭ふたつ。      夏の暮らしを拝見。 >>