ZAISO-TIMES

zaisotimes.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 05日

「戸田の家」の吹抜け。

d0095873_14264728.jpg
「戸田の家」吹抜けを通して、2Fから1Fを見下ろした様子。

d0095873_16265727.jpg
d0095873_16272263.jpg
南側に古い家屋が近接する環境。
近い将来、2階建ての建物に変わった際にも、吹抜けからの光が明るく照らしてくれるよう、
吹抜けを設けています。
上の写真(2枚目)は、3月中旬の午後1時のリビングの様子。
吹抜けの光は、リビングの奥まで差し込み、その奥のキッチンにも明るさをもたらします。


吹抜けをつくる時には、留意しなくてはいけないことがあります。
●冬の吹抜けでは、コールドドラフトが起こります。
●夏の吹抜けでは、室内の温度上昇を招く恐れがあります。
●冷暖房効率は良くありません。
●吹抜け部の掃除は、容易ではない。

これらに対する対策を、暮らしを想定しながら、予め備えておかなくてはなりません。


「戸田の家」での工夫はこちら。
d0095873_1634436.jpgd0095873_16345623.jpg
薄い布や半透明の板などを、火打梁にかけるだけで、コールドドラフトや冷暖房効率に対する効果があります。
外壁にはフックを2ヶ所取り付けて、夏には、ここに簾やタープを引っかけて、夏の日射遮蔽を試みます。

d0095873_16382054.jpgd0095873_16383524.jpg
高すぎる窓は、夏の日差しを入れてしまい、また、掃除が大変です。
「戸田の家」では、脚立に上って吹抜け周辺を掃除する予定。
高さを控えめにして、負担にならないようにしています。

リビングからふと見上げた時に、軒裏が見えず、空だけがぽっかりと見える高さなので、
解放感や心地良さも味わえます。



全てには理由があります。
体感しながら、なぜこうしたのか?の理由を知り、将来の家づくりのヒントとして蓄積してください。
皆様の見学会へのご参加を、心よりお待ちしております。




「戸田の家」建物完成見学会
日時:4月9日(土)・10日(日) 10:00~17:00
場所:名古屋市中川区内

※完全予約制。締切は4/6(水)です。詳しくはザイソウハウスHPイベント情報”をご覧ください。







ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

[PR]

by zaiso-house | 2011-04-05 17:03 | 設え


<< “近くの山の木”を味わう。      小さな家のつくり方~無駄なくつかう~ >>