ZAISO-TIMES

zaisotimes.exblog.jp
ブログトップ
2011年 08月 24日

GreenGreen

d0095873_1448074.jpg
「奥町の家」の緑のカーテンは、ゴーヤ。
ゴーヤは、柔らかく光を通す葉が特徴的。
虫が付きにくく、実のなる楽しみもあって、緑のカーテンとして育てやすいと言われています。

室内から見ると、このような感じ。
d0095873_14552440.jpgd0095873_14561284.jpg
2010年9月に竣工した「奥町の家」の住まい手さんにとって、はじめて迎えられる夏。
7月上旬に参加された暮らし守りセミナーで、
“気密・断熱性の高い家では、外での日射遮蔽と、日中は窓を閉めて、外の熱気を入れないことが、
室内温度を上げないコツ”と学ばれ、早速実践。
陽射しの強い東側の開口部の日射遮蔽をして、日中は窓を開けず、扇風機で過ごすようにしているそう。
「暑かった6月下旬、日射遮蔽もせず、窓を全開にしていました。
セミナーの後、早速、東側に簾やタープをかけ、ゴーヤが茂ってくると、全然(体感温度が)違う!
1Fはエアコンを設置することなく、夏を乗り越えられそうです。」

とはいえ、酷暑の日は、外出したり、エアコンのある2Fで過ごしたり。
無理をしないことが、大切。

ところで、日中に窓を閉め切ると、お掃除はいつすればよいのだろう?という質問を
別の住まい手さんからうけました。
「奥町の家」の住まい手さんは、朝方、まだ外気温がそれほど高くない時に、
窓を開けながら掃除機をかけ、
それ以外は、(窓を開けずに掃除するため)雑巾での拭き掃除をされているそうです。



さて、「奥町の家」の緑のカーテンのつくり方。
d0095873_1575626.jpg
d0095873_1581674.jpgd0095873_1582965.jpg
ゴーヤは地植え。
支柱を立て、ブロックで固定。網を庇まで伸ばし、タープのようにしています。
茂った様子は、緑のトンネル。
通行の邪魔にならず、デッキに腰掛けることができ、
また、建物とゴーヤの間が離れているので、日影になる部分が多く、効果的に日射を遮蔽してくれます。


d0095873_1647468.jpg
[奥町の家」東側の様子、全体像。
ゴーヤトンネルの横は、タープで遮蔽。

d0095873_1649216.jpg
この日は、夏の室内の温湿度実測器の設置に伺いました。
「奥町の家」の住まい手さん、お手数をおかけいたしますが、ご協力をよろしくお願いいたします。


そして、今回の記事の、最後はこの写真で。
d0095873_171152.jpg
素肌に無垢材、見ているだけでも気持ちよさそう。
住まわれて1年近く経ち、少しずつアメ色に変化してきた桧の床板。
この色具合が、経年変化を愉しまれる方に好評です。



・・・・◆見学会・イベント情報◆・・・・・・・   
◆「尾張旭の家」建物案内会◆
 日時:9月16日(金)~18日(日)10:00~17:00 ※予約制
 場所:愛知県尾張旭市内
 概要:静かな住宅街に建つ住まい。
    在宅時間の長い奥様ならではの、様々な工夫が込められています。


◆「緑の小路の家」建物完成見学会◆
 日時:Part1: 9月16日(金)~18日(日) 10:00~17:00 ※予約制
    Part2: 9月23日(金)~25日(日) 10:00~17:00 ※予約制
 場所:愛知県江南市内
 概要:延床面積28坪の、コンパクトな二世帯住宅。
    必要な要素をシンプルに組み合わせています。
    小さくつくって、大きく住まえる工夫を体感してください。

 ※長期優良住宅の認定を受けています。
 ※近くの山の木でつくるOMソーラーの家です。






ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

d0095873_19105572.jpg

楽しい省エネライフを送ろう!
私たちは、この運動に賛同しています。

[PR]

by zaiso-house | 2011-08-24 17:28 | 夏の暮らしアドバイス


<< 現場管理のはなし。      「戸田の家」の今。 >>