ZAISO-TIMES

zaisotimes.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 15日

太陽の熱を感じる。

d0095873_2148886.jpg
先週末は、「りすと、どんぐりの家」の建物構造見学会を開催。
床下、壁の中、天井の中など、仕上げた後では見ることのできない部分を見て、
家の仕組みや構造、素材などを知る機会。
外見だけでなく、内部も知っていただけたら、
家に対する理解が深まり、
住まいを長く愛していただけるのではないかと、考えています。

d0095873_2233064.jpg
d0095873_2235670.jpgd0095873_225718.jpgd0095873_2252642.jpg
家を建てる前に、他の家造り現場を見る機会は、意外と少ないのでは?
家はこのようにして造られているんだ、
工程はこうなっているんだ、
仕上材の下は、このようになっているんだ、等、
皆様、色々と発見があったようです。

そして、「りすと、どんぐりの家」はOMソーラーの家。
d0095873_22203385.jpg
d0095873_22113273.jpgd0095873_22115587.jpg
軒先から採り入れた空気を、屋根に降り注ぐ太陽の熱で温めて、床下に送り、床下から家全体をあたためるOMソーラー。
完成した家では、その暖かさを体感できるのですが、
構造見学会では、床下に送る前の温風を、ダイレクトに感じられるようにしています。

今回は、OMソーラーの仕組みに初めて触れられた方も多く、
「この暖かさは幸せだ!」「しかも省エネで、お金もかからない!」と感動されていました。


大がかりな装置は使っておらず、空気を送り出すファンと、風向きを変えるダンパーがついているくらい。
そのほかは、あたり前に備わっている、軒先と屋根、基礎コンクリートを使う仕組み。
太陽をうまく使い、家そのものが働く床暖房は、ほとんど電力を使わず、
改めて、エコロジカルな仕組みだと感じています。

暖房で使われる電力は、家庭の消費電力の約1/4を占めている現状。
これからの時代は、よりエネルギーを使わない暖房が求められています。
特別な設備を使わず、電気を使わず、あるものを有効に使ったOMソーラーを、
暖房手段のひとつとしてオススメしているのは、その理由。

d0095873_22214528.jpg
今年の冬は、OMソーラーの温もりを体感できる機会を多く設けたいと考えておりますので、
お楽しみに!

d0095873_10482540.jpg



ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

d0095873_19105572.jpg

楽しい省エネライフを送ろう!
私たちは、この運動に賛同しています。

[PR]

by zaiso-house | 2011-11-15 10:51 | 完成見学会・現場見学会


<< 住まい手目線。      家具のはなし。 >>