ZAISO-TIMES

zaisotimes.exblog.jp
ブログトップ
2014年 11月 17日

配筋

こんにちは、現場監督の鬼頭です。
今回は、基礎工事の中の「配筋工事」についてお話しします。

配筋工事とは、コンクリートを打設する前に鉄筋を組んでいく工事です。
そして組んだ後は、きちんと組めているか検査(配筋検査)を行います。
 d0095873_10562771.jpg

この検査は、必ず行わなければならない検査です。
なぜそこまで重要か、みなさんご存知ですか?

それは、基礎の強度に関わってくるからです。
コンクリートは圧縮には非常に強いですが、
引っ張り・せん断(上下逆方向にかかる力)には弱い材料です。
一方、鉄筋は引っ張り・せん断に強い材料です。
この2つの材料を合わせることで、鉄筋がコンクリートの弱点を補強し
強固な基礎ができるのです。
コンクリートには、鉄筋が必要不可欠なのです。

ただし、やみくもに鉄筋が入っていればいいといわけではありません。
強固な基礎にするためには、守らないといけないことがあります。

それでは、配筋検査時に確認する部分について、一部ご紹介します。

①.鉄筋の径と間隔
 鉄筋の間隔は計算によって決まります。
 物件ごとに鉄筋の間隔は変わるので、基礎詳細図面と相違ないかを確認します。
 また鉄筋の径も、10mm・13mm・16mmとあるので、それも併せて確認します。
  d0095873_10583148.jpg

②.鉄筋と鉄筋の定着(重ねシロ)長さ
 鉄筋を継ぎ足す部分は、定着長さが規定以上あるかの確認です。
 「定着長さは40D以上」と法律で定められています。
 40Dとは、“40mm×D(鉄筋の径)”を表しており、
 D=10mmの鉄筋の場合 40mm×10mm=400mm
 D=13mmの鉄筋の場合 40mm×13mm=520mm
 という事になります。

 下の写真は、13mmの鉄筋の場合です。
 定着長さが520mm以上あるので、OKです。
  d0095873_1125747.jpg

 
③かぶり厚さ
 コンクリートの表面から、鉄筋がどれだけ中に入るかの確認です。
 鉄は酸に弱いので、アルカリ性のコンクリートで保護するのです。
 「地上では、かぶり厚 40mm以上」
 「地中では、かぶり厚 60mm以上」と、こちらも法律で定められています。

 下の写真は、地上のかぶり厚を確認しています。
  d0095873_1162155.jpg

 こちらは、地中のかぶり厚を確認しています。
  d0095873_11111913.jpg


このような事を現場ごとに確認し、基礎を施工しております。


・・・・・ お申込み受付中 ・・・・・

◆建物完成見学会◆
「あさくらの家」完成見学会 
12/6(土)7(日) 10:00~17:00 in知多市

 ・近くの山の木でつくられたOMソーラーの家です。
 ・経済産業省が推進する「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業」に採択されています。
 ※完全予約制です。詳しくは、ザイソウハウスHP注文住宅・イベント情報」をご覧ください。



ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

d0095873_2013743.jpg
地産地消にこだわる、
オススメSHOPのご紹介

d0095873_19105572.jpg

楽しい省エネライフを送ろう!
私たちは、この運動に賛同しています。

d0095873_1156943.jpg
陽だまりのようなぬくもり。
太陽熱で、床から家全体を暖める「OMソーラー」


d0095873_11543615.jpg
チルチンびと別冊46号
「OMソーラー 夏の風、冬の温もり」
定価 990円

「和暮楽の家」が紹介されています。
書店・図書館にて、ぜひご覧ください。

[PR]

by zaiso-house | 2014-11-17 11:41 | 家づくり


<< 「あさくらの家」見どころ=Pa...      家づくりで考えること >>