ZAISO-TIMES

zaisotimes.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 15日

冬の乾燥対策

こんにちは。
最近、朝晩の寒さが増し、通勤も辛くなりました。
風邪を予防する話をプラスしてお部屋の乾燥対策をしていきます。

特に冬は外の空気も乾き、風邪に直結するので、
くつろげる我が家では、適度な湿度を保ちたいものです。
以前、珪藻土(けいそうど)に霧吹きで水分補給をする方法
お庭に水をまく方法をご紹介しました。

今回は、日常の家事に一つ加えて加湿していく方法をご紹介します。


それは“タンスの上、テーブルなどの家具を水拭き”するだけです。


毎日の掃除が“濡れた雑巾で拭く”だけで、定期的な掃除で
埃もなく綺麗に保つうえ、水分が徐々に蒸発していくので加湿も出来ます。

d0095873_14373774.jpg


この様に掃除の中に一つ加えるのも効果的ですね。

注意していただきたいことが一つあります。
それは床です。
ザイソウハウスは自然塗料を使用しています。
木の中に浸透し中から木を保護するもので、
もし床を水拭きする時は固く絞りお掃除して下さいね。


さらに毎日の作業の一つ、


洗濯物を室内で干すことで湿度を保つこともできます。
ただし、部屋干しすると洗濯物に残った汚れと乾くまでの時間が
長くなることで、汚れの酸化と菌の繁殖が原因でいやなニオイが発生する為、
なるべく窓際で日が当たる所に干しましょう。
暖房もつけていれば、乾くのも早くなり、タンスに入れる時間まで短縮さ
れるのでとても楽になります。
また、洗面器に水をはったり、ポットの蓋を開けることも効果的です。


さて、次に
「毎日同じ生活をしているのに、翌朝、起きるといきなり喉が痛いな」
と思うことはないですか?
その原因の一つとして空気の乾燥が関わっています。

では、空気が乾燥するとなぜ喉が痛くなるのかをご説明しますね。

ニュースで1月~2月になると、インフルエンザウイルスについて取り上げていますよね。
これから活発になるインフルエンザウイルスは「湿気に弱い」という特徴をもっており
湿度が高い時は、感染するほど活発に動くことができないですが、
空気が乾燥するとインフルエンザウイルスが活性化し、
空気感染を広げていきます。
空気には各種ウイルスや細菌も含まれ、人の口や鼻から気道を通り乾いた喉に停滞し、
風邪をひきやすくなり、ウイルスにも感染しやすくなります。
朝起きると喉が痛くなるのは免疫力低下という信号を出してくれていることになります。

1月~2月は最も気温(図1参照)が低くなり乾燥がひどくなりますので、
予防の為に部屋の湿度をある程度保つように心がけましょう。

(図1)
d0095873_14381620.jpg


家で簡単な予防方法として寝る前にタオルを濡らし、
サイドテーブルや枕元に置いたり、タオルを干す、マスクをするなどで
体調も整えて冬を乗り越えていきましょう。

お試しくださいね。

・・・・ ザイソウハウスのイベント情報 ・・・・・
■「京町町家」住まい手宅訪問会■ 
2月21日(日) 場所:愛知県豊田市
時間:午前の部/10:00 午後の部/13:30


木の家、OMソーラーの家で過ごす四季の移ろい、住み心地など生の声を聞くことができます。
また、家づくりのエピソード、暮らしの工夫やお手入れの方法など参考になるお話も多いはず。
※詳しくは、こちら











ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

d0095873_2013743.jpg
地産地消にこだわる、
オススメSHOPのご紹介

d0095873_19105572.jpg

楽しい省エネライフを送ろう!
私たちは、この運動に賛同しています。

d0095873_1156943.jpg
陽だまりのようなぬくもり。
太陽熱で、床から家全体を暖める「OMソーラー」


d0095873_95657100.jpg
チルチンびと別冊48号
「OMソーラー 太陽と空の家」
定価 990円

「あさくらの家」が紹介されています。
書店・図書館にて、ぜひご覧ください。

[PR]

by zaiso-house | 2016-01-15 14:45 | 暮らし


<< 加湿器の使いすぎてお部屋の中が・・・      2016年仕事初め >>