ZAISO-TIMES

zaisotimes.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 13日

家具の取り付け。

ザイソウの家の所々に配されているオリジナル家具。
住まい手さんの暮らし方、要望、その家の寸法やつくりに合わせてデザインをしています。


今月末に見学会を開催させていただく「山々を愉しむ家」では、
・下駄箱
・洗面所の収納棚
・キッチン収納カウンター
・ワークスペースのカウンター&本棚   がオリジナルの家具。

ザイソウハウスの木工部で製作され、現場に搬入された家具は
大工の手で取り付けられます。


<下駄箱>
d0095873_20533429.jpg
杉板の天板と、シナ合板で造られています。
玄関土間まで張り出して、収納力をアップ。

d0095873_2054351.jpgd0095873_20544626.jpgd0095873_2055213.jpg
窓枠と天板の高さを揃えたり、幅木や框にぴったりフィットするよう加工できるのは
オリジナルならではです。


<ワークカウンター>
d0095873_20563965.jpgd0095873_205782.jpg
d0095873_20581385.jpg

階段ホールに面したワークスペース。
ホールを見渡す形でワークカウンターが設置されました。
左側収納ボックスの背板と、右側収納ボックスで天板を支えます。


d0095873_2102935.jpgd0095873_2104381.jpg
現場での微調整は大工が行います。
現場で調整することにより、家具がきっちりと納まります。

d0095873_2114561.jpg
天板は、杉板5枚を合わせたもの。
一枚板よりも反りにくく、価格も抑えられます。
ちなみに、杉板上部の白い部分は、樹の中心から遠い「辺材」。
下部の赤い部分は、樹の中心に近い「芯材」。
木材は収縮を繰り返すため、黄色線のように反ります。
辺材側を表に、芯材側(繊維質が立ちやすい)を裏に配するのが基本で、
辺材側は“木表”、芯材側は“木裏”と呼ばれます。

階段の段板や床板、バルコニーやウッドデッキ、板塀も
木の表裏を考えて造られています。


「山々を愉しむ家」
設計・施工:ザイソウハウス
現場管理者:西川 俊弘
棟    梁:平野 正三




見学会では、様々な発見があります。
OMの温かさ、木の温もり、窓から見渡す景色、
そして何より居心地のよさを体感してください。
          ↓
・・・・◆ザイソウハウスのイベント情報◆・・・・・・・       
    ~近くの山の木でつくるOMソーラーの家~
    「山々を愉しむ家」建物完成見学会

     【日時】3月29日(土)・30日(日)
         AM10:00~PM5:00      
     【場所】岐阜県土岐市内
    ※完全予約制 ~現在予約受付中です~
※詳細はザイソウホームページイベント情報”に掲載しています。 

・・・・◆ホームページ更新情報◆・・・・・・・

・WEB展示場に新しい物件を追加しました。
「吹抜けのある家」・「緑薫る小さな家」ふたつの住まいを同時に公開。


・・・・◆雑誌で見るザイソウの住まい◆・・・・・・・
   <発売開始>
   面倒見のいい工務店2008年度版   扶桑社
   全国の工務店が建てた施工物件が約30例掲載されています。
   様々な住まいと暮らし方が紹介されている、好評の家づくりムック本。
   書店での発売に先駆けて、まずはデジタル版での販売開始。
   
   詳しくはこちらから→新たしい住まいの設計Web
  

   <好評発売中>
   ・チルチンびと別冊17号   風土社
   OMソーラーの歴史、仕組み、考え方など、考案者や建築家の方々のお話や
   加盟工務店の施工例を交えて特集しています。
   様々な事例や、住まい手さんの声も掲載しておりますので、ぜひご覧ください。
   【発売日】12月14日(金)
   【 定価 】1,400円
[PR]

by zaiso-house | 2008-03-13 21:11 | 家づくり


<< キッチン横の勝手口、いろいろ。      「四季の丘の家」植栽あれこれ。 >>