ZAISO-TIMES

zaisotimes.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2010年 03月 29日

地鎮祭ふたつ。

心地よい晴天に恵まれた先週末、ふたつのお住まいの地鎮祭を執り行いました。


Tさま邸の地鎮祭d0095873_1802153.jpgd0095873_181372.jpg
d0095873_1804392.jpgd0095873_18432222.jpg
元気いっぱいな3人のお子様と、ご夫婦のお住まい。
整地前は姫リンゴ畑だった敷地。
東と南に接道している開けた敷地で、
周りには用水路や田園の広がる、のどかな環境。
ここに、どのようなお住まいが完成するのでしょうか。


d0095873_1891083.jpg
昨年夏の、現地調査時の写真。
緑が眩しい。

Tさま邸の様子を、今後もご紹介していきたいと思います。
Tさま、今後とも何卒よろしくお願いいたします。

------------------------------------------------------


Kさま邸の地鎮祭d0095873_18231956.jpgd0095873_18235619.jpg
d0095873_18243959.jpgd0095873_1824522.jpg
「昔は、廻りの町工場が動いていて、朝から賑やかでしたよ。」
と、ご主人。
Kさま邸の廻りは、小さな工場と住宅、ところどころに空き地や畑がある街中。
今は稼働している工場が少なく、とても静かな住環境です。
ここに、ご夫婦と小さなお子様1人の、3人家族が住まう家が出来上がります。


d0095873_1837419.jpg
Kさま邸の敷地廻り。
北と南が行き止まりの私道に接していて、
東側は、幅員3mちょっとの小道に接しています。
大通りから一歩入った、おだやかな環境。

Kさま邸の様子も、今後ご紹介していきたいと思います。
Kさま、今後とも何卒よろしくお願いいたします。






ブログランキングに参加しています。応援していただけると、嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

[PR]

by zaiso-house | 2010-03-29 19:00 | 家づくり
2010年 03月 19日

吹抜け。

d0095873_1617717.jpg
「吹抜けのある家」。
南隣りが近く、廻りも建物に囲まれているので、
1階に光を届けるため、吹抜けを設えています。

このような敷地環境の場合、吹抜けを設けることがあります。
吹抜けは、明るく、開放的なのですが、
冬のコールドドラフトや、夏の強烈な陽射し、冷暖房効率をきちんと考える必要があります。

吹抜けは大きくし過ぎず、必要な大きさに。


d0095873_16314658.jpgd0095873_1632587.jpg
d0095873_16393346.jpg

吹抜けからは、空が見える。
この窓を見上げた時、
大屋根の軒が視界に入らないように、
開口部の高さは、1380mm。

空が、より印象的に映る。


これからの、陽射しが強く感じる時期は、
ベランダによしずを立てかける。




d0095873_16434922.jpg
スポットライトのように、リビングに天然光が差し込む。
寛ぐリビング、特にソファーの上には天井を貼り、
落ち着き感を大切にしています。



開きすぎず、閉じすぎず。
空気の流れや、陽射しをコントロールして。
バランス良く調えることが、心地よさを生み出します。
[PR]

by zaiso-house | 2010-03-19 17:04 | 設え
2010年 03月 16日

観葉植物。

建物完成見学会の、大切な備品のひとつである、観葉植物。d0095873_15164251.jpgd0095873_15163025.jpg
d0095873_15171130.jpgd0095873_1517204.jpg
シュガーバイン(左上)、プミラ(右上)、シェフレラ(左下)、サンセベリア(右下)。
見学会や、竣工写真で目にした方もみえるのでは?

入居前の前のOMソーラーの家は、特に乾燥しやすいので(冬)、乾燥に強い植物を選んでいます。

シュガーバイン・・・ ブドウ科の蔓植物。
プミラ・・・・・・・・・・・ クワ科の蔓植物。
             低温下では、根から水を吸いにくいので、葉に霧吹きで水を与える。
シェフレラ・・・・・・・・ 通称カポック ウコギ科です。
             このシェフレラは、差し木が根付いたもので、樹形がアクセントになっています。
サンセベリア・・・・・ リュウゼツラン科 
             冬の間は、水やりを控える。多肉植物にも分類されるようで、乾燥には非常に強い。

基本的には、幹があり、葉が肉厚な植物は、水を蓄える能力が高く、水切れに強いのだそう。
冬の乾燥対策に、観葉植物をお勧めしていますが、このあたりの植物は、育てやすく、おススメです。



d0095873_16221220.jpg
こちらはヘデラ(通称アイビー)。
蔓が伸びすぎて、根元の葉が少なくなってしまったので、思い切って、短くカット。
葉がほとんどない状態でしたが、
最近の暖かさで、幹のあちらこちらから、若芽が一気に吹き出してきました。その生命力に、驚かされます。


室内に適度な湿気と、酸素を与えてくれる観葉植物。
見学会に出張していない時は、事務所で華を添えてくれています。
[PR]

by zaiso-house | 2010-03-16 17:14 | 住まい
2010年 03月 12日

写真日和。

雨上がりの晴天は、気持ちの良いものです。
特に朝。
砂埃を洗い流して、空気が透き通っていて―。
風が強くて、冷え込んだ朝は、なおそれを実感できます。

いつもお住まいが完成した時に、竣工写真を自社で撮るのですが、
そんな朝は、まさに撮影日和。

d0095873_10451425.jpgd0095873_1031168.jpg
d0095873_10455984.jpgd0095873_10465866.jpg
陽射しがあまりに強い日は、明暗差が大きくなり、影も多くなるデメリットがあるものの、
空気が澄んだ晴れの日は、素材が美しく写ります。
無垢の構造材、天井や床、珪藻土の壁、
新緑の季節は特に、庭木の緑が鮮やかに写り込みます。



d0095873_10524245.jpgd0095873_10525620.jpg
d0095873_10531460.jpgd0095873_1053298.jpg
同じ建物でも、天候や時間によって、印象ががらりと変わります。



d0095873_1053569.jpgd0095873_10541676.jpg
d0095873_10543275.jpgd0095873_10544737.jpg
雲の形も、良いアクセントに。


d0095873_1056187.jpg
しかし、雨の日の写真も、味があるもの。
照明を付けて、フラッシュなしで撮影すると、夕方のような、暖かい写真になります。


d0095873_1058616.jpg










放射冷却で冷え切った冬の夕方は、
夜景の撮影もオススメ。
日没直後。
三脚を使い、フラッシュなし、スローシャッターで撮ると、
このような感じに。


写真にはいろいろと決まりがあったりもするのですが、
何よりも、
「気持ちいいな。」
「心地いいな。」
そう思ったときにシャッターを切ると、良い写真が撮れます。


皆様も、日常のちょっとした風景、
住まう中で気持ちの良い瞬間を、気軽に撮影してみては、いかがでしょう。
良い想い出記録になりますよ。
[PR]

by zaiso-house | 2010-03-12 11:35 | 住まい
2010年 03月 09日

お引き渡し。

2月中旬~3月上旬は、3軒のお住まいが完成。
3週連続で見学会を開催し、それぞれお引き渡しとなりました。

1.「碧南の家」のお引き渡し
d0095873_1435335.jpgd0095873_1442314.jpg
d0095873_145125.jpgd0095873_145177.jpg
小雨が降ったり止んだりのお天気。
雨に濡れて、色濃くなった木々に囲まれたお庭で、お子様が元気に走り回る―。


「碧南の家」の住まい手さんとの出会いは、2008年の春。
そこから、十数回ザイソウの家を見学され、構造見学会や家づくりセミナーにも参加されました。
ご自身の想い、疑問、ご意見も素直に伝えていただきながら、深く考えた家づくり。


「納得のいく家ができました。」


そのお言葉に、感慨深いものがありました。


こだわりと想いの詰まった、「碧南の家」のこれからが楽しみです。
「碧南の家」の住まい手さん、今後も宜しくお願いいたします。



「碧南の家」
設計・施工/(株)ザイソウハウス
現場監督/西川 俊弘
棟   梁/小林 文男




-----------------------------------------------------

2.「三好丘の家」のお引き渡しd0095873_14165578.jpgd0095873_1417945.jpg
d0095873_14172937.jpgd0095873_14174458.jpg
自然エネルギーを存分に活かして、エコロジカルで省エネ、且つ快適な暮らしをテーマとした「三好丘の家」。
屋根には、OMソーラーの集熱ガラスパネルと、太陽電池モジュールが。
室内には、太陽光での現在の発電量や、消費電力がわかるモニターがあります。
これには、ザイソウスタッフも興味深々。

現在、どれくらい地球に、お財布に優しい生活ができているのかが、分かりやすく表示されると、
楽しくエコライフが出来そうです。


d0095873_14214496.jpg
お引き渡し時に始まる、メンテナンスのお話し。
今後の家守り計画を、担当者からご説明している様子。
家を良好な状態で保ち続けるには、住まい手さんによる日頃のチェックや、お手入れも欠かせません。
その手法をお伝えしている時、お子様も真剣に聞いてくれていました。
お子様も一緒に、この家を育てていただけたら、嬉しいな、と思った瞬間です。


「三好丘の家」の住まい手さん、これからも宜しくお願いいたします。




「三好丘の家」
設計・施工/(株)ザイソウハウス
現場監督/西川 俊弘
棟   梁/小林 文男



-----------------------------------------------------

3.「下河町の家」のお引き渡しd0095873_1427898.jpgd0095873_14272561.jpg
d0095873_14275180.jpgd0095873_14281065.jpg
和の雰囲気が特徴的な、「下河町の家」。
共働きご夫婦と、小さなお子様2人がお住まいになる家。
OMソーラーを採り入れた、こちらのお住まい。
お引き渡し当日は、あいにくの雨模様でしたが、
これまでの太陽熱を蓄熱しているおかげで、寒くない程度の暖かさ。
ここに生活熱が加わると、太陽の出ていない日でも、さらに暖かく過ごせそうです。


「ザイソウさんの見学会に、初めてお邪魔してから、2年くらいが経ちます、
色々な建物を見て、要望をお伝えしてきました。
長い間、私たちの家づくりにお付き合いいただき、ありがとうございました。」
と、ご主人のお言葉。


振り返ると、初めてお会いした時は赤ちゃんだったお子様が、
今ではしっかりとした足取りで、階段を上り下りできるように。
お話もできるようになり、にぎやかになりました。
なんだか懐かしく思い出すと共に、これからが楽しみになります。



「下河町の家」の住まい手さん、これからも宜しくお願いいたします。




「下河町の家」
設計・施工/(株)ザイソウハウス
現場監督/鬼頭 康博
棟   梁/平野 正三



-----------------------------------------------------

ザイソウの家は、注文住宅。
敷地によって、住まい方によって、それぞれベストなカタチがあり、個性があります。
各地に出来上がった建物完成見学会に、何度も足を運んでいただき、
建築途中の家、完成して何年も経った家を見て、
時には住まい手さんのお話しを聞き、家づくりの情報をお伝えするセミナーにご参加いただき、、、
様々な角度から、「住まい」というものを知り、考えて、
そして、ご自身に合った住まいを造りあげていく。

これは、注文住宅ならでは。
家に対する住まい手さんの想い、私たちの想いも深く、
だからこそ、長く心地よく住まえる家が出来上がっていくと思います。

そして、完成した時がゴールではありません。
これから、長い時間をかけて、共に家を育てていきたいと思います。


住まい手の皆様、今後とも末永く、宜しくお願いいたします。
[PR]

by zaiso-house | 2010-03-09 14:43 | 家づくり
2010年 03月 05日

太陽の温もりを体感。

d0095873_912578.jpg
先週末開催された「下河町の家」完成見学会。
雨の予報が覆り、晴天の2日間でした。
OMソーラーの集熱も好調で、棟温度と室内温度がぐんぐん上昇。
風が強い外と比べて、室内では、その温もりを十分に体感できました。


d0095873_915324.jpgd0095873_9154316.jpgd0095873_9155537.jpg
2/28(日)14:00頃の温度。
左から、外気温、棟温度、室内温度です。
外の空気が、屋根面で54℃まで温められて、室内を通っているダクト(筒)を通して、床下に送られ、
基礎コンクリートに蓄熱されながら、床面から室内をじんわりと温めていきます。

室内温度の22℃というのは、
主にこのOMソーラーシステムによる暖房と、ダイレクトゲインによるもので、
電気代をほとんどかけることなく、この温度に到達しています。
22℃を温かいとするか、否かは、体感した人のみぞ知る、なのですが、
来場した子供たちの中には、「暑い、暑い」といって、服が薄着になっていく子や、
長袖や長ズボンをまくり上げる子も。
d0095873_9204333.jpg



d0095873_9212513.jpg
d0095873_9235357.jpg
来客が多い時にも対応できる、ゆったりとした玄関が特徴のひとつである「下河町の家」。
和の雰囲気やその間取り、しつらえだけでなく、
自然のエネルギーをうまく活かした心地よさも、参加者の方々には印象深かったようです。


お住まいをご提供いただいたお施主様、
そしてご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。
[PR]

by zaiso-house | 2010-03-05 09:28 | OMソーラー