ZAISO-TIMES

zaisotimes.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2010年 06月 30日

「小幡の家」建て方~上棟式。

先週は、梅雨の晴れ間を縫って、「小幡の家」の建て方を行いました。
d0095873_16594977.jpgd0095873_170489.jpg
d0095873_1724770.jpgd0095873_1731053.jpg
先日の材料検査で、ひとつひとつ検品した、柱や横架材を組み上げていく。
土台、柱、梁を組み、梁の上に、28mmの構造用合板を張り、水平剛性を高めています。
d0095873_1745436.jpgd0095873_1752389.jpg
d0095873_1754837.jpg
壁は、面で剛性をとっています。
耐力壁に、断熱材を予めセットしたものを、工場から搬入。
搬入されたものを、そのまま組んでいくので、ゴミが少なく、精度も均一にできるのがいいところ。

建て方中は、このような大型のパネルや資材が次々と搬入されるので、
その置き場を的確に指示し、効率よく作業ができるようにするのは、
大工の頭である棟梁の腕の見せ処のひとつ。

d0095873_1762865.jpgd0095873_1764180.jpg
d0095873_1771026.jpg
1F、2Fと組み上げていき、屋根をつくる。
家の一番高いところにある棟木に、登り梁をかけて(写真左上)、
屋根パネル(これにも断熱材をセット済)を入れていく(写真右上)。

雨水から屋根パネルを守る防水シートを施工して(写真左)、
建て方はひと段落。

建て方は、約3日間。
雨に濡れないように、天気予報とにらめっこしながら、
現場ではスピーディーに確実に、作業を進めていきます。
天気の変わりやすいこの時期は、特にドキドキ。
社内のみんなが、天気予報に一番詳しくなる時なのかも。


上棟式。
d0095873_179126.jpgd0095873_1785656.jpg
d0095873_1794949.jpgd0095873_1710195.jpg

「この家に長く住んでもらえるような、良い家を造りたい。」
という各務棟梁の挨拶、乾杯と共に、宴が始まる。

お施主様お手製の豚汁と、お料理に囲まれて、
造り手と住まい手さんとが、ざっくばらんに語り合い、楽しむ。


住まい手さん、色々とご用意いただき、ありがとうございました。
これからも、まだまだ家づくり工事は続きますが、
どうぞよろしくお願いいたします。




「小幡の家」~長期優良住宅~
設計・施工/(株)ザイソウハウス
現場監督/西川 俊弘
棟   梁/各務 忠行




「小幡の家」では、今週末、建物構造見学会にて、皆様にご覧いただきます。
今回の見学会にご都合が合わず、でも、ザイソウの家の構造や素材が見たい!性能が知りたい!
という方は、今後も随時ご案内ができますので、ご連絡ください。




ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

[PR]

by zaiso-house | 2010-06-30 17:52 | 家づくり
2010年 06月 25日

家づくりセミナー開催。

d0095873_20505451.jpg
先週の日曜日、ザイソウハウスの社屋にて、「家づくりセミナー」を開催しました。
「家」にまつわる、様々な知識や情報を学ぶ場として、年に何回か開催されるこのセミナー。
今回は、施工編とメンテナンス編の二本立てで、
家を造る過程においてのことと、建てた後の維持管理についてを学ぶものでした。


d0095873_20511538.jpgd0095873_2054115.jpg
d0095873_20515116.jpg
施工編は、工事課のリーダーである植田が、
メンテナンス編では、メンテナンスチームのリーダーである大野が講師を担当。
実際の写真や事例、図、イラスト、現物を交えて、
これまでの経験を踏まえた上での講義。

施工編では、
工事過程のおさらいと、それぞれの工種の意味を知ること、
そして、しっかりとした家を造るために不可欠な、段階に応じたチェックポイントを学びます。
これまで数多くの家を造り、検査に立ち会ってきた植田だからこその視点もあったりして、
わかりやすかった、という声が多く聞かれました。

メンテナンス編では、
「家」を良い状態で維持していくために必要となる、メンテナンスの種類やサイクル等を学びます。
家は竣工した時が完成ではないので、
将来の予測を予め知っておくことは、大切なこと。


今回は、具体的に家づくりを進められている方から、
これから家づくりを考える方まで、幅広くご参加いただきました。
即実践したい、もう一度知識を確認したい、今後に生かしたい、
等、それぞれの観点で、
メモをとりながら、質問をしながら、熱心に望まれていました。
その真剣さに、講師陣にも力が入ります。


ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

次回の「家づくりセミナー」は、設計編、土地選び編を予定しているので、お楽しみに!




色々な側面から、「家」を知り学び、納得のいく家づくりをしていただけたら嬉しく思います。
7/4(日)は、実際の家づくり現場で、「家の性能」を学ぶ建物構造見学会。
ただいま参加申し込みを受け付け中ですので、ご都合のよろしい方は、是非ご参加ください。
お待ちしています。


「小幡の家」建物構造見学会の詳細情報は、コチラ。






ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

[PR]

by zaiso-house | 2010-06-25 21:23 | 家づくり
2010年 06月 21日

建築知識ビルダーズ

現在発売中の、「建築知識 ビルダーズ NO.01/(株)エクスナレッジ発行」に、
ザイソウハウスの家づくりが紹介されています。

d0095873_19201346.jpgd0095873_19202550.jpg

私たちの家づくりでは、天井に仕上げ材を貼らず、構造用合板や、横架材を表すことがあります。
その場合の、通常は天井内に隠す配線や、構造材の接合部の納め方がわかります。

建築知識ビルダーズは、創刊したばかりの業界誌ですが、一般にも販売されています。
カラー写真やイラストも多く、読みやすいので、
書店などで見かけられたら、是非一度ご覧ください。

また、紹介されている内容を、建物構造見学会で確認できます。
そのような観点で、構造見学会に参加されるのも、おもしろいですよ。



◆建物構造見学会のご案内はこちら。





ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

[PR]

by zaiso-house | 2010-06-21 19:47 | ザイソウハウスのこと
2010年 06月 14日

家を、丸ごと学ぶ。

完成した家を見るだけでは、わからないことがあります。
家の素材は何を使っていて、どれくらいの性能があるの?
しっかりした家って、どこを見ればいいの?
そもそも、家は、どのように造られていくのかしら?

「家」は一生のうちに何度もつくるものではないので、わかりにくい部分は多いと思います。

是非以下の家づくりイベントに、参加してみませんか?


d0095873_17574317.jpgd0095873_1758155.jpg
◆家づくりセミナー【施工編】・【メンテナンス編】◆
日時:6月20日(日) 13:00~16:00
場所:ザイソウハウス社屋(名古屋市中川区山王2-6-1)
カリキュラム:

<第一部>知って得する建築知識
地鎮祭から始まり、家が完成するまでの工事過程を解説しながら、
現場で飛び交う“建築用語”や、
ここは見ておきたい、“家を造る”際の、チェックポイントをお伝えします。
あなたが将来家づくりをされる時に、現場チェックに大いに役立つはず。
現場見学会や、ご近所の建築現場でも、目に留まるモノが変わります。

<第二部>予め知っておきたい、住まいのメンテナンス住まいのメンテナンスは必要不可欠。
どんなメンテナンスが、どれくらいの頻度で必要となるのか、疑問に感じることはありませんか?
第二部では、木の家の維持管理を、私たちの経験と知恵から、お伝えしていきます。





d0095873_1885755.jpgd0095873_1893265.jpg
d0095873_1810712.jpgd0095873_18101932.jpg
 ◆長期優良住宅 建物構造見学会◆
日時:7月4日(日) 10:00~17:00
場所:「小幡の家」~長期優良住宅~
    (愛知県名古屋市内)


進行中の現場で、実物に見て触れて、説明を受けながら、「家」を学ぶことができます。
屋根、天井、壁内、床下、それぞれどのような素材で、どのように造られて、
結果、どれくらいの性能が生まれるのか?
百聞は一見にしかず。
現場を見て学ぶことに、勝るものはありません。

実際の現場を見ることができる、貴重な機会です。
前項の、6/20(日)開催の家づくりセミナーとセットで参加されると、さらにわかりやすくなります。



家族が長く住まう家。
生活の基盤となる住まい。
時間が許される限り、様々な角度から「家」を知り、
納得のいく我が家を、つくりあげていただけたら、嬉しく思います。

皆様のご参加を、心よりお待ちしております。


※両イベント共に、事前予約制です。
詳しくは、ザイソウハウスHPイベント情報”をご覧ください。




ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

[PR]

by zaiso-house | 2010-06-14 18:21 | 完成見学会・現場見学会
2010年 06月 09日

上棟式ふたつ。

「暮らしを愉しむ家」と「奥町の家」は、続けて建て方を実施し、それぞれ、無事上棟を迎えることができました。

「暮らしを愉しむ家」(長期優良住宅)上棟
d0095873_19582528.jpg
d0095873_19494220.jpgd0095873_195027.jpg
屋根の上からの、一面に広がる田園風景が印象的なお住まい。
棟木が上がり、登り梁をかけて、そこに断熱材を充填した屋根パネルを隙間なく入れて、建物の大きな軸組みが完成。
雨が降る可能性を考えて、屋根にルーフィング(防水紙)を敷いて、上棟式を迎えました。


d0095873_2161018.jpgd0095873_2162568.jpg
上棟式の様子。
住まい手さんは建築業界の方で、ザイソウの社員とも面識があり、
その社員から祝辞を述べられ、恥ずかしそうに笑みがこぼれる。


d0095873_2019514.jpgd0095873_20192029.jpg
こちらの住まい手さんは、3人のお子様がいらっしゃる5人家族。
お子様は嬉しそうに、家の中を探検したり、お庭になる予定の部分を走り回ったり。
ご主人が、家の四方にお神酒をまき、その後から追いかけて、お塩でお清めする娘さん。
初めての経験である“家が出来上がる”様子に、興味津々のお子様は、
頭の中に、間取り図が描かれているようで、どこにどの部屋が出来上がるのかを知っていました。
ご家族みんなが、楽しみにされている家づくり、そして家の完成。

良い家を造りますね。
住まい手さん、これからもどうぞよろしくお願いいたします。



「暮らしを愉しむ家」(長期優良住宅)
設計・施工/(株)ザイソウハウス
現場監督/西川 俊弘
棟   梁/小林 文男



-------------------------------------------------

「奥町の家」(長期優良住宅)上棟
d0095873_2013157.jpg
細い路地に囲まれた、昔ながらの街に建つ、「奥町の家」。
向かいにご両親が住まわれ、「奥町の家」の前面道路(私道)は、
お庭の一部のような、コミュニケーションを図る場所となりそうです。
こちらのお住まいでも、無事に建て方が進み、先日、上棟式を執り行いました。

d0095873_2051411.jpg
d0095873_2054491.jpgd0095873_206831.jpg
d0095873_207020.jpgd0095873_2092211.jpg
ご子息ご夫婦の晴れ舞台を見守るご両親。上棟式の最後に執り行う四方固めを写真に撮ります。
住まい手さんと同じように、家づくりの進行を喜び、見守られているご様子が、微笑ましく。
写真右下は、お母様のご実家近くの「鮎菓子」。
上棟式の際は、家づくりのことはもちろんですが、
ご家族のことやご出身、これまでどのように過ごされてきたかなども、ざっくばらんにお話しすることが多く、
家づくりスタッフが、住まい手さんを、より身近に感じることができる機会。
時々、このようなご当地モノを教えていただいたりして、楽しいひとときです。



d0095873_20124849.jpgd0095873_2013631.jpg
こちらは、材料検査の時の様子。
住まい手さんが率先して、材料を選ばれ、時々柱を建てたりして、組み上がる様子を思い描かれていました。
その木材が、今、このように組み上げられ、喜びもひとしおのよう。

これからは、雨仕舞い、外部・内部造作へと進んでいきます。
完成は9月の予定。
これからも引き続き、喜ばれるような家づくりをしていきますので、
住まい手さん、今後とも何卒よろしくお願いいたします。


「奥町の家」(長期優良住宅)
設計・施工/(株)ザイソウハウス
現場監督/鬼頭 康博
棟   梁/平野 正三




ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

[PR]

by zaiso-house | 2010-06-09 20:46 | 家づくり
2010年 06月 04日

素材を知り、家を愛する。

d0095873_1931910.jpg
名古屋市の中心部から、車で約1時間半。
私たちのつくる「近くの山の木でつくる家」の構造材は、奥三河で育った杉や桧を、ここHOLZ三河で製材し、納品しています。
建て方の少し前。その構造材を検査する材料検査が、ここで行われます。
一軒一軒、スタッフが現地に赴き、
規定通りの材が揃っていることの確認と、使用箇所に応じて1本1本の木材の配置を決めているのですが、
住まい手さんにも参加されることをお勧めしていて、家づくりイベントのひとつになっています。

今回は、6月第四週から建て方予定の、「小幡の家」の材料検査。
その、住まい手さんの目線をリポート。


d0095873_19264055.jpgd0095873_1927772.jpg
住まい手さんと、現場監督の西川。
木材が、どこに使われるもので、どのような基準で検査をしているのか、説明しながら進む。


d0095873_19303361.jpgd0095873_1932376.jpgd0095873_19312390.jpg

「持ってみてもいいですか?」とご主人。

続いて、木材に触れてみる。
「あたたかい感じがしますね。それに、木によって、あたたかさが違うような・・・」
どれどれ?といった感じに、ご夫婦で、木の体感温度比べ。

写真右は、ご主人が、材料選びに参加されている様子。



製材が行われているHOLZ三河の、工場見学も。
d0095873_19585990.jpgd0095873_1959145.jpg
d0095873_19592985.jpgd0095873_1959457.jpg
原木を仕分けして、皮を剥き、丸太から角材へ形を整え、人工乾燥するものは乾燥炉に入れ、
乾燥し終わったものを、プレカットして、製品に。
その一連の流れを、実際に見学。木材そのものの説明や、木取りの仕方なども、学ぶ。
木のことを熟知している工事課長の植田の説明に、熱が入る。



d0095873_2065448.jpg
「小幡の家」では、約300本の材料検査。ひとつひとつ、どの場所に使うか、どのような向きで使うかを決めていくと、
朝から始めた検査が、帰る頃には夕暮れ時。

最後まで見届けられた住まい手さんからは、
終了と同時に拍手が。


「こんなに丁寧に、時間をかけて(材を)見てくださるんですね。
本当に大変な作業。
大切にしなくちゃいけないって思いました。
30年そこそこで建替えるのはもったいない。
子供が大きくなって、新しい家が欲しいと言い出したら、
この材を使うか、新しい土地に建ててと言います。

出来上がりが本当に楽しみです。」

と住まい手さん。




帰り際に、

「(家を)大切に使います!」

とおっしゃっていただけたことが、嬉しくて。



真壁造りの家では、常に目に入る構造材。
重要な役割を担う木材のことを知り、
検査段階から立会う。
家への愛着が増すことは、長持ちする家の最大の条件。

こんな注文住宅ならではの家づくりを、大切にしていきたいと、改めて思うのです。






~家を知ることは、住まいを愛する第一歩~
・・・・◆見学会・イベント情報◆・・・・・・・   
◆家づくりセミナー【施工編】【メンテナンス編】◆
日時:6月20日(日) 13:00~16:00
場所:ザイソウハウス社屋(愛知県名古屋市中川区山王2-6-1)
  
・家づくりの工程をおさらい
・家づくり現場のチェックポイントを押さえる
・住まいに必要なメンテナンスを知る

◆建物構造見学会◆
日時:7月4日(日) 10:00~17:00
場所:「小幡の家」~長期優良住宅~(愛知県名古屋市守山区内)

・ザイソウの家の性能が、良くわかります。
・現場管理状況もご覧いただけます。



※詳しくは、ザイソウハウスまでお問い合わせください。



ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

[PR]

by zaiso-house | 2010-06-04 20:43 | 木の家
2010年 06月 01日

子育て中の、暮らしの工夫。

d0095873_17394554.jpgd0095873_1740780.jpg
今日は、先日ご紹介した「野並の家」に引き続き、
子育て真っ最中のご夫婦が住まう、「緑薫る小さな家」の工夫をご紹介。

緑豊かなアプローチを登り、玄関に入ると、自転車が出迎えてくれます。
玄関土間に収納されている自転車は、ご主人のコレクション。
学生時代から自転車がお好きで、
「ワンルームに住んでいた学生時代は、自転車と人が同居していたんです。(室内に保管していたので。)
僕たちにとっては、家の中に自転車の置き場があることが、夢だったんですよ。」
と、ご主人。
飾りながら保管ができて、室内でメンテナンスまでできる玄関土間には、想いがたくさん詰まっています。
固定したスチールポールに掛けて収納して、省スペース化。
土間の寸法も、自転車の大きさに合わせています。


d0095873_1750351.jpgd0095873_17504898.jpg
小さなお子様がいらっしゃるので、その対策も。
お子様の手の届かない梁の上には、お気に入りのCDが並びます。
写真右の観葉植物の鉢を囲む木柵は、ご主人の手作りで、
冬の間は、ストーブのチャイルドガードとして活躍しています。


d0095873_17535199.jpg








2階は、ほとんど仕切りを設けず、ワンルームになっているのですが、
その一部に、畳コーナーが出来ていました。
「国産のイ草が良くて、九州のものを買ってきたんです。」
というこだわり畳コーナーは、お子様のお昼寝や、遊び場として大活躍。

子育て真っ最中には、特に活躍する畳の間。
ワンルームの中に、時に応じて、こんなアレンジをするのも、いいですね。






~色々な観点から、家づくりを学ぼう!~
・・・・◆見学会・イベント情報◆・・・・・・・   
◆家づくりセミナー【施工編】【メンテナンス編】◆
日時:6月20日(日) 13:00~16:00
場所:ザイソウハウス社屋(愛知県名古屋市中川区山王2-6-1)
  
・家づくりの工程をおさらい
・家づくり現場のチェックポイントを押さえる
・住まいに必要なメンテナンスを知る

◆建物構造見学会◆
日時:7月4日(日) 10:00~17:00
場所:「小幡の家」~長期優良住宅~(愛知県名古屋市守山区内)

・ザイソウの家の性能が、良くわかります。
・現場管理状況もご覧いただけます。



※詳しくは、ザイソウハウスまでお問い合わせください。




ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

[PR]

by zaiso-house | 2010-06-01 18:06 | 暮らし