ZAISO-TIMES

zaisotimes.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2010年 10月 27日

外と内との距離。

d0095873_1041041.jpgd0095873_10413646.jpg
「奥町の家」には、東側に畑があります。
これは建築前からあったもので、住まい手さんのお父様が季節のお野菜をつくり続けてみえます。
この敷地を拝見した時、私たちは、この畑を採り入れた暮らしを思い描きました。

「奥町の家」は、南、東、北側に接道しており、
南と北側道路は私道なので、メイン通りは東側の道路。
畑は、街との緩衝材となり、
住まい手も、道行く人も、程良く距離を保ちながら過ごすことができます。
そして何より、ご両親と住まい手さんとの、コミュニケーションの場となります。

d0095873_10514340.jpgd0095873_1135859.jpg
キッチン、ダイニング、そして畑への動線。
採れたてのお野菜を運び、調理。
「食べごろのお野菜ある~?」なんて声が聞こえてきそう。


d0095873_1154073.jpgd0095873_11241713.jpg
腰かけたり、立って作業をするダイニング・キッチンは、掃き出し窓であるのに対し、
座して過ごすリビングは、開口部を床面から450mm上げて、座った時の安心感を大切にしています。

座った時、ちょうど道行く人や車を消して、畑の緑が見える状態。


d0095873_11123630.jpg












リビングの先には縁側。
お茶を飲みながら過ごす、昼下がり。



畑と住まいとの関係。
内から外への繋がり。
全てをオープンにするのではなくて、
過ごし方に応じて、閉じたり、開いたり。
その加減が程良いと、心地良い住まいになります。





ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

[PR]

by zaiso-house | 2010-10-27 11:28 | 設え
2010年 10月 22日

強さと美しさを備えるために。

d0095873_13393789.jpg
愛知県のOMソーラー会員工務店で、新しい勉強会をスタートさせました。
テーマは、「木質構造計画の考え方とそのポイント」。
木質構造研究者である、小原勝彦准教授(岐阜県立森林文化アカデミー准教授)にお越しいただき、
1.5ヶ月に1回ずつ、計7回を通して行われます。

参加者は、愛知県のOMソーラー会員工務店の設計担当者17名。

d0095873_13525122.jpgd0095873_135329.jpg
先日行われた第一回目では、耐力壁をどのように配すればよいか等を、過去の大地震の例などを交えて学び、
また、それぞれの設計者の疑問点を列挙して、次回からのテーマづくりを行いました。


住宅には、地震などの天災や、経年変化に対する強さは、もちろん必要。
その上で、見た目的にすっきりと、そして機能的につくることが、美しい木の家に繋がります。

強いだけじゃない、カッコイイだけじゃない、
バランス良く計画された、長持ちする家を造るために。
設計者の声を反映した、実践的な勉強会で学び、今後の住まいづくりに反映させていきます。
参加工務店の技術の底上げにも繋がりますね。



ちなみに会場は、ザイソウハウスの社屋。
名古屋市の中心部で、交通の便がいいところにあり、
大勢が集まれる部屋もあるので、こういった対外的なセミナーや勉強会、会合に良く登場しています。





ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

[PR]

by zaiso-house | 2010-10-22 14:15 | 工務店ネットワーク
2010年 10月 19日

長期優良住宅。

d0095873_14111782.jpgd0095873_14113274.jpg
10月17日(日)に、「城北の家」にて開催された、建物構造見学会。
構造見学会では、仕上がり前の床、壁、天井、そして足場に上らないと見ることのできない屋根等の高所の見学ができます。
また、工事工程や、使用部材・素材を見て、触れて、知ることができるのも、魅力のひとつ。


d0095873_14153687.jpgd0095873_14171998.jpg
d0095873_14175074.jpgd0095873_141826.jpg


「城北の家」は、長期優良住宅の認定を受けています。
長期優良住宅とは、その名の通り、長期間、良好な状態で住むことを想定された住宅のことで、
●数世代にわたり(少なくとも100年)構造躯体を使用できること
●建築基準法レベルの1.25倍の地震力に対して倒壊しないこと(耐震等級2以上)
●構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備について、
  清掃、点検、補修、取り換えが容易にできること
次世代省エネルギー基準以上の省エネルギー性能であること
 (断熱性:Q値2.7W/m2k以下 気密性:C値5.0cm2/m2以下)
●良好な居住水準を確保できる大きさの家であること
●維持保全計画がなされており、少なくとも10年毎の点検を実施すること

という内容。

ザイソウハウスでは、長期優良住宅というものが決められる前から、
この基準を満たした家を基本としてきました。
家を長く使ってもらいたい、そのためには、長い時間の中で、いつでも家族が心地よく過ごせる場所でなくてはならない、
すると、上記のような基準を満たすことが好ましいと考えているからです。
品質管理を徹底した木材を、構造計算に基づいて揃え、組んでいます。
ベタ基礎コンクリートで支えられた床下部分は、どの床下部分にも行くことができ、確認ができるように工夫されています。
給排水管は、ヘッダーと呼ばれるHUBを中心に各所に水を運ぶようにし、
基礎を貫通する部分を最小限に抑えると共に、必要な時に、HUBにて配管を簡単に増減できるようにしています。
省エネルギー性能を高めるために、窓には複層LOW-eガラス、気密性の高いサッシを標準仕様としています。

長持ちする家をつくるには、どうすればよいのか。
その観点から選び、使われている部材や素材たち。その理由を含めて、実物をご覧いただけるのが、構造見学会。
今後も、構造見学会を開催予定ですので、
今回ご都合が合わなかった方も、是非ご参加くださいね。お待ちしております。




ちなみに、進行中の現場を公開する構造見学会では、
一般公開するためのしつらえに、職人さんも協力しています。
特に、展示台を作成したり、仮設部分や工事途中の部分に対しての安全対策など。

d0095873_1561890.jpgd0095873_1563281.jpg
棟梁の平野大工にお願いした展示台は、危なくないように面が取られていて(写真左)、
キッチンの配管立上り部には、つまずかないように、お手製のカバーが造られていました。
現場に慣れていない方々がほとんどだから、と気遣った職人さんの個性も、垣間見える見学会です。


「城北の家」(長期優良住宅・近くの山の木でつくるOMソーラーの家)
設計・施工/(株)ザイソウハウス
現場監督/西川 俊弘
棟   梁/平野 正三





ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

[PR]

by zaiso-house | 2010-10-19 15:24 | 家づくり
2010年 10月 13日

家づくり現場進捗状況。

【T様邸~解体清祓い~】
d0095873_16313096.jpgd0095873_16314872.jpg
d0095873_16332524.jpg
T様邸では、40年近く住まわれたお住まいの建替えにあたり、解体清祓いが執り行われました。



d0095873_16401987.jpgd0095873_16404694.jpg
立派な庭木や、きれいなお花が彩るお庭。
40年近く家族を見守ってきた樹々のお祓い。

土、家屋、樹木。これまで家族を守り、育ててきた全てのものに、感謝。



d0095873_16475375.jpgd0095873_16481527.jpg
T様邸は、親子三代が住まう二世帯住宅です。
ご家族皆様に、それぞれの想いのあるお住まいの建替え工事。
新しく造る家も、何世代かに渡り、心地よく住まえるものにしたいな、と改めて思う瞬間でした。


こちらのお住まいは、家屋解体→地盤調査→新築工事と進んでいきます。
今後とも、よろしくお願いいたします。


------------------------------------------------

【「美里の家」基礎工事~堀方~】d0095873_16551854.jpg
d0095873_16555520.jpg

8月に解体清祓いと地鎮祭を執り行った、「美里の家」。
こちらも、長年住まわれたお住まいの建替えで、
解体、地盤調査、図面確定と進み、新しいお住まいの基礎工事が始まりました。
現場には、以前のお住まいからの庭木や芝生が一部残っていて、新しい家にも活かされます。

土を掘り転圧をかけて、基礎底盤部の形を形成し、砕石敷き→防湿フィルム敷き→基礎配筋→コンクリート打ちへと進みます。
建て方は11月中旬の予定、完成は来年の2月下旬予定です。


「美里の家」(近くの山の木でつくるOMソーラーの家・長期優良住宅)
設計・施工/(株)ザイソウハウス
現場監督/鬼頭 康博



--------------------------------------------------

【「城北の家」~放水検査・床張り~】d0095873_1762431.jpg
9月末に上棟式を迎えた「城北の家」。
外壁は防水紙で包まれ、配管・配線・器具取付け部などの壁貫通部には防水措置を施し、
屋根や開口部廻りも雨仕舞いが完了したので、社内放水検査を実施。

d0095873_1711172.jpgd0095873_17113270.jpg
d0095873_17115950.jpg
強い水圧をかけて、水が躯体内に侵入しないかを確認。
特に、外壁を貫通している部分、入り隅部分、接続部分などが要チェックポイント。


d0095873_17163940.jpgd0095873_17165766.jpg
室内では、杉板のフローリング張り中。


外装・内装工事真っ最中の「城北の家」では、今週末に建物構造見学会が開催されます。
住まい手さん、ご参加される皆様、よろしくお願いいたします。



「城北の家」(近くの山の木でつくるOMソーラーの家・長期優良住宅)
設計・施工/(株)ザイソウハウス
現場監督/西川 俊弘
棟   梁/平野 正三






ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

[PR]

by zaiso-house | 2010-10-13 17:32 | 家づくり
2010年 10月 08日

建物構造見学会を開催します。

d0095873_15565083.jpg

◆「城北の家」建物構造見学会◆
日   時:10月17日(日) 10:00~17:00
場   所:名古屋市北区内
申込方法:事前予約制ですので、ザイソウハウスHPイベント情報”をご参照ください。



建物構造見学会は、仕上がり前の家をご覧いただく見学会です。
その名の通り、「構造」つまり、家はどのように構成されているのかを知り、学ぶことができます。
構造見学会の一例


家は基本的に、長持ちするものです。
何百年と住み継がれている家もあるほど。
しかし、そんな家になるには、
性能面、機能面、周囲の環境に受け入れられること、等など、様々な必要条件があります。
性能面の条件を挙げますと、

●天災に耐えうる強さ
●長期間、性能を保持できる耐久性
●維持管理が必要となった時に、容易にそれができること
●気密性や断熱性が高く、それが長期間維持できること


など。
これは、長期優良住宅の認定基準であり、つまり、それが実現できていることは、長持ちする家の条件に当てはまる家なのです。
建物構造見学会では、このポイントに関して、
実際の部材や素材を見ながら、説明を聞きながら、知り学ぶことができます。

「長持ちする家」の判断基準とは?
その答えが見つかるはず。
ご自身の家づくりをされる際にも、その知識は必ず、役に立つはずです。
皆様のご参加を、お待ちしています。




・・・「城北の家」の現在の様子・・・
d0095873_1619250.jpgd0095873_16192040.jpg
d0095873_1620242.jpgd0095873_16204261.jpg
間口約5.7m×奥行き約18mの細長い敷地に立つ、延床面積30坪のコンパクトなお住まい。
壁や床は仕上がり前。
外部は、OMソーラーの集熱ガラスパネルを設置し、屋根板金が終了、壁は防水紙を貼り、
ひとまず、雨仕舞いがひと段落したところです。

竣工時には、完成見学会を開催させていただく予定なので、
仕上がり前と仕上がり後を見比べていただくこともできます。


「城北の家」(近くの山の木でつくるOMソーラーの家・長期優良住宅)
設計・施工/(株)ザイソウハウス
現場監督/西川 俊弘
棟   梁/平野 正三




ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

[PR]

by zaiso-house | 2010-10-08 16:38 | 完成見学会・現場見学会
2010年 10月 04日

見学会とお引き渡し。

9月は3つの住まいにて、続けて完成見学会を開催いたしました。
それぞれの見学会の様子と、その後のお引き渡しの様子です。

「奥町の家」建物完成見学会d0095873_15442617.jpgd0095873_15445382.jpg
9月11日・12日に一般公開いたしました「奥町の家」。
外壁1,2階共に白洲そとんの塗り壁で、白に外部木部のシルバグレイ色が映えて、すっきりとした印象。
室内も非常にシンプルで、空間のさりげない連続性や、ところどころにしつらえられた暮らしの工夫が、好評でした。

d0095873_15503780.jpg

「家族4人で、横並びになって靴を履きたい」

という、住まい手さんの夢が込められた、
斜めの玄関框。

見学会でも、4人といわず、大勢の方の靴が並びました。



ご協力いただいた住まい手さん、そしてご来場いただいた皆様、
ありがとうございました。


そして、
d0095873_15521597.jpg
見学会後、お引き渡しでのヒトコマ。
ゆったりとしたアイランドキッチンで、水栓がふたつある理由は、
住まい手さんがご夫婦で台所にお立ちになるから。
キッチンの給排水部分のメンテナンスチェック方法も、ご夫婦でしっかりとお聞きになっていました。


「奥町の家」は、建物が完成し、これから、住まい手さんの手で、外構工事が進められます。
専門知識がおありな外廻りを、ご自身で造られ、愛着がひとしお増すでしょう。
「奥町の家」のこれからが楽しみです。
これからも、何卒よろしくお願いいたします。


「奥町の家」(長期優良住宅・近くの山の木でつくるOMソーラーの家)
設計・施工/(株)ザイソウハウス
現場監督/鬼頭 康博
棟   梁/平野 正三



------------------------------------------------



「暮らしを愉しむ家」建物完成見学会d0095873_1624940.jpg

9月18日・19日に一般公開いたしました「暮らしを愉しむ家」。
開けた敷地にゆったりと配された住まいは、元気な3人のお子様が駆け回る、にぎやかなお住まい。
室内全体が見渡せるワンルームを基本としながら、それぞれの過ごし方に応じた場所づくりと、
生活動線を組み合わせて、大家族が過ごしやすい家をテーマとしています。

d0095873_16282118.jpgd0095873_16283945.jpgd0095873_16285210.jpg
てくてくてくてく・・・小さな見学者。
桧の無垢フローリングは、足触りが良くて、子供たちにも好評なのです。
さらにこのお住まいの、ぐるぐる廻れる生活動線も大好評で、
こちらのお子様も、楽しそうに歩き続けていました。

ご協力いただいた住まい手さん、そしてご参加いただいた皆様、ありがとうございました。


そしてお引き渡しです。
d0095873_16323997.jpgd0095873_16325224.jpg
一番上のお姉ちゃんも、しっかりとOMソーラーリモコンの使い方を聞いてくれました。
覚えてくれたかな??

「暮らしを愉しむ家」は、住みながら、じっくりと、植栽、外構工事を行います。
完成したお住まいは、どのようになるのでしょうか。
「暮らし愉しむ家」のこれからも、楽しみです。今後とも何卒、よろしくお願いいたします。




「暮らしを愉しむ家」(長期優良住宅・近くの山の木でつくるOMソーラーの家)
設計・施工/(株)ザイソウハウス
現場監督/西川 俊弘
棟   梁/小林 文男



------------------------------------------------


「小幡の家」建物完成見学会d0095873_1636598.jpg
そして、9月25日・26日に一般公開されました「小幡の家」。
旗竿敷地に建つ、二世帯住宅です。
旗竿状の、竿の部分を駐車場とし、旗の部分で建物をL字に配しています。
共に過ごす部分を中心として、2階と平屋部分でプライベートな空間を造ったスタイル。

d0095873_16415169.jpg
d0095873_16421515.jpg
二世帯住宅を希望されている方も最近は特に多く、
その方々にも、また、単世帯で住まわれる方にも、生活動線のつくりかた、空間のしつらえ方など、
参考にしていただけたと思います。

ご協力いただいた住まい手さん、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。


d0095873_16583084.jpgd0095873_16513584.jpg
お引き渡し。
社長が嬉しそうに祝辞を述べ、皆もにこやかなのは、
無事にお引き渡しすることができたことと、新しい命の誕生があったから。

d0095873_19352780.jpg

プランニングを始めた頃、お腹の中に宿った命は、
この家と共にすくすくと成長し、つい先日、無事にお生まれになりました。
家もお子様も、生まれたてほやほや。
そしてこれから、この家と共に、歳をとり、想い出を刻んでいくのですね。なんだか感慨深いです。

味わい豊かなお住まいになりますように!お子様のご誕生と、お住まいの完成、誠におめでとうございました。
今後とも何卒、よろしくお願いいたします。


「小幡の家」(長期優良住宅・近くの山の木でつくるOMソーラーの家)
設計・施工/(株)ザイソウハウス
現場監督/西川 俊弘
棟   梁/各務 忠行






ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

[PR]

by zaiso-house | 2010-10-04 19:37 | 完成見学会・現場見学会