ZAISO-TIMES

zaisotimes.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2011年 05月 27日

家づくりセミナー開講!

家づくりは、多くの方が、一生のうちで何度も経験できるものではありません。
初めての家づくり、という方が多く、わからないことも多いと思います。
インターネットや本などで、情報を得ることはできるのですが、
重要なポイント、自分たちに合うか合わないか、正しいのか否か、
整理して正しく判断することは、実は難しいものです。

長く付き合い、家族の生活の基盤となる住まいは、
出来る限り納得して、満足のいくものにしていただきたい、
という願いから、
私たちは、「家づくりセミナー」を定期的に開催しています。


d0095873_21335593.jpgd0095873_2134571.jpg
d0095873_21342598.jpgd0095873_21343846.jpg


家づくりに重要なポイントを、
数ある実例を基に、経験豊かなスタッフがお伝えするセミナー。
6月は、3つの講座を開講します。


講座1.
【プランニング編】【土地探し編】
日時:6月5日(日) 13:30~16:30
場所:ザイソウハウス社屋(名古屋市中川区山王2-6-1)



心地良い空間をつくりだす秘訣を学べます。

・住まい心地に大きく影響する事柄、大切にすべきこと
・ゾーニングの考え方
・効率の良い動線や、使い勝手のよい収納の鉄則
・寸法の基本

など。

加えて、土地探しをされている方には、
土地の探し方と、選び方について、ポイントをお伝えします。

------------------------------------------

講座2.
【家の性能を見極める】
日時:6月12日(日) 13:30~16:30
場所:ザイソウハウス社屋(名古屋市中川区山王2-6-1)


住まいは、見た目だけで心地良さを図ることはできません。
建物の持つ“性能”を、正しくチョイスすることも大切です。
このセミナーでは、あなたにとって最適な、住まいの性能を学ぶことができます。

・耐震性、耐久性の高い建物にする方法
・健康的で快適な暮らしを実現する方法
・冬暖かく、夏涼しく過ごすことのできる、建物の工夫
・屋根材、外壁材、断熱材、構造材、仕上げ材・・・数ある部材や素材の、特徴と種類

などを予定。

------------------------------------------

【施工編】【メンテナンス編】
日時:6月19日(日) 13:30~16:30
場所:ザイソウハウス社屋(名古屋市中川区山王2-6-1)


・家づくりの工事過程と、その内容を詳しく知る
・ご自身でも判断できる、「ここは見ておきたい、工事重要チェックポイント」のご紹介

・木の家を維持管理していく上で、必要となるメンテナンスと、その頻度をご紹介


もちろん、プロに任せていただく部分もありますが、
住まい手さんにも、ご自身の家を理解しながら、住んでいただきたい、
という思いがあります。
将来の家づくりに、きっと役立つことと思います。





ご希望のセミナーを受講されても、続けて受講されても構いません。
皆様の住まいづくりのお役に立てば幸いです。
ご参加をお待ちしております。
※詳しくは、ザイソウハウスHPイベント情報」をご覧ください。




ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。


d0095873_21581217.jpg


楽しい省エネライフを送ろう!
[PR]

by zaiso-house | 2011-05-27 22:10 | 家づくり
2011年 05月 17日

「花園町の家」見どころ3~暮らしを愉しむ~

前記事にて、「花園町の家」の収納についてお伝えしましたが、
今回は、「暮らしを愉しむ」工夫についてご紹介。


子育て真っ最中のご家族が住まう、2階建ての住まい。
忙しい毎日を、効率よく過ごせるように、様々な工夫がされています。
しかし住まいは、体を休め、英気を養い、余暇を愉しむ場所でもあります。
機能性だけでなく、ただ居るだけで安らげる住まいでなくては。


d0095873_175159.jpgd0095873_17521394.jpg
「花園町の家」は、タタミリビング。板の間とフラットに続きます。
照明カバーは、オーダーで作成。先日住まい手さんから、詳しくご希望を伺い、現在大工が作成中。
こちらの仕上がりも楽しみです。

気軽にごろごろと過ごせるタタミリビング。
昔の民家のように、基本的にはオープンな空間なのですが、
冬のコールドドラフトや、冷暖房効率を高めたい時、個室化したい時などのために、
引き戸や襖を用意しています。
d0095873_1855498.jpgd0095873_1871980.jpg

このような備えも、安らげる住まいに大切なこと。


そして、好きなもの、心地よいものに囲まれた暮らし。
d0095873_1821506.jpgd0095873_18263224.jpgd0095873_182321100.jpg
d0095873_1822454.jpgd0095873_18235551.jpgd0095873_18511152.jpg
d0095873_18292388.jpgd0095873_18531144.jpgd0095873_18591483.jpg
大工と相談しながら組み合わせた、お気に入りのガラスブロック、
信楽焼の洗面器、肌触りのいい杉板(無垢材)の段板や手摺り、
階段は2種類あり、大工の技術を感じることができます。

場所に合わせて振り分けられた木材の表情、
片側に凹凸があり、片側は滑らかな表面のポリカーボネートにも、工夫があります。



見学会にて、参加者の方にも、その心地よさを体感していただければ、嬉しく思います。



「花園町の家」建物完成見学会
日時:5月21日(土)・22日(日) 10:00~17:00
場所:愛知県豊田市内

5/18(水)までご予約を受け付けております。
詳しくは、ザイソウハウスHPイベント情報」をご覧ください。


皆様のご参加を、心よりお待ちいたしております。



ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

[PR]

by zaiso-house | 2011-05-17 19:23 | 設え
2011年 05月 17日

「花園町の家」見どころ2~子育て世代の家~

d0095873_1441411.jpgd0095873_1443579.jpg
5/21(土)・22日(日)に見学会を開催する「花園町の家」。
今回は、子育て真っ最中の、4人家族の住まう家(2階建て)のご紹介。


子育て世代のご家族にとって、忙しい毎日を効率よくこなせる家であることは、とても大切。
特に、収納や家事動線といったことは、優先順位の高い希望であり、課題です。
ここには、それらを解決するヒントがたくさん。
d0095873_1473858.jpgd0095873_148159.jpg
玄関には、ウォークイン・シュークローク。
玄関中央の造作壁で、動線もふたつに分けています。これは、色々な側面で便利。

d0095873_1415192.jpgd0095873_14151515.jpg
キッチンには、食器棚。電化製品も置くので、コンセント付きです。
戸は、半透明のポリカーボネート入り。うっすら中が見えて、印象も軽くなります。

d0095873_1427237.jpgd0095873_14275162.jpgd0095873_14504397.jpg
見落としがちなダイニグ廻りの収納、洗面室の収納(階段下を利用)。

d0095873_14281957.jpgd0095873_1429795.jpg
納戸もあります。
棚で仕切られていたり、ハンガーパイプが入っていたり、土間だったり、
仕舞う物に応じたしつらえが、使い勝手の良い収納の鉄則。

納戸からはサービスヤード(屋根つき)に繋がります。その向こうはガレージです。


その他にも、廊下やホールなどに、様々な収納があります。
収納には、全ての物を仕舞える容積ではなく、
適量の容積をもった空間が、動線上に、使い勝手良く配置することが必要です。
「花園町の家」では、“何をどこに仕舞い、どのように使うのか”を思い浮かべながら、
見ていただくと、思わぬ発見や、将来の家づくりで役立つヒントが見つかりますよ。




ところで、「花園町の家」には、
“効率よい生活動線”“使い勝手の良い収納”だけでなく、
暮らしを愉しむ工夫もあります。次回はそのあたりを、ご紹介します。



ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

[PR]

by zaiso-house | 2011-05-17 14:48 | 設え
2011年 05月 16日

「花園町の家」見どころ1~夫婦ふたりの家~

d0095873_946471.jpg
5/21(土)・22(日)に完成見学会を開催する「花園町の家」は、
ご両親のお住まい(平屋建て)と、お子様2人の見える若夫婦ご家族のお住まい(2階建て)が
寄り添った、二世帯住宅です。

見学会に向けて、その見どころを何回かに分けてご紹介します。
今回は、ご両親のお住まいについて。

d0095873_9521020.jpgd0095873_9523720.jpg
LDK+寝室+客間(和室)のある平屋。
ご夫婦ふたりの、終の棲家です。
シンプルで、どこか懐かしい雰囲気のある空間。ゆっくりとした時間が流れます。

d0095873_104614.jpgd0095873_105427.jpg
ダイニングからは、西側にある畑を眺める。
キッチンの勝手口を開けると、屋根つきのサービスヤード、そして、畑へと続く。



d0095873_109168.jpgd0095873_1091446.jpg
畑を耕し、採れたてのお野菜を愉しむ。季節の花々が咲き誇る、お庭を愛でる。
定年後、ご夫婦ふたりでのんびりと過ごす、スローライフ。


d0095873_9533976.jpgd0095873_954215.jpg
ウッドデッキは、玄関に向かって、開いています。
玄関から緩やかに繋がるこの場所は、コミュニケーションの場となるでしょう。




「花園町の家」の平屋棟。
ご夫婦ふたりのお住まいをお考えの方、
平屋でのお住まいをお考えの方、
そして、コンパクトな家をお考えの方にも、参考にしていただける住まいです。



次回は、
子育て世代のご家族が暮らす、2階建ての住まいについて、ご紹介していまいります。




「花園町の家」建物完成見学会
(長期優良住宅先導プロジェクト採択・近くの山の木でつくるOMソーラーの家)

日時:5月21日(土)・22日(日)
場所:愛知県豊田市内(伊勢湾岸自動車道「豊田南IC」からお車で5分ほどです。)

※事前予約制です。詳しくは、ザイソウハウスHPイベント情報」をご覧ください。




ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

[PR]

by zaiso-house | 2011-05-16 10:24 | 設え
2011年 05月 12日

これからの「豊かな暮らし」。

d0095873_20285899.jpg
「住宅におけるエネルギー消費のあり方」という切り口から、住宅建築や住宅での暮らし方について、
調査研究、提案、アドバイスを行ってきた、野池政宏氏が立ち上げたプロジェクト、
Forward to 1985 energy life”。

簡単に言いますと、「1985年の暮らし」を目指そう、というもの。
※なぜ1985年なのか、という点は、こちらをご覧ください。→メッセージの詳しい解説(PDF)

省エネルギー、次世代エネルギー資源の創出、環境保護。
今後、私たちが生きていく中で、避けては通れない課題です。
その課題を解決する、ひとつのきっかけとして、この運動があります。
現在の、住宅でのエネルギー消費量、電力消費量を1/2に抑えれば、
1985年の電力消費量に抑えることができるのです。


そもそも、今ほどエネルギーを消費しなくとも、人は豊かに暮らしていけるはずです。
あたり前のことを、うまく活かすことができればいいのです。
そこからは、新しい楽しみ、新しい価値観が生まれ、それは、新たな文化になります。

新たな「暮らしの豊かさ」の創造、提案。
私たちは、建築の分野から、この運動に賛同し、サポートしていきます。



Forward to 1985 energy life
あなたも、一緒に考えてみませんか!



ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

[PR]

by zaiso-house | 2011-05-12 20:48 | 暮らし
2011年 05月 11日

完成間近。

雨天続きの今週ですが、2日連続で、2軒のお住まいの社内完了検査を実施しました。

まずは、「あつたの家」。d0095873_18354638.jpg
d0095873_18511893.jpgd0095873_18514493.jpg
4軒続きの長屋の、2軒分を建替えた「あつたの家」。
玄関は共有、1階に親世帯、2階に子世帯が住まう、二世帯住宅です。

昨年12月に着工し、ほぼ完成。共有の玄関は、土間が広くとってあります。

d0095873_1841432.jpgd0095873_18411746.jpg
d0095873_18413541.jpg
こちらのお住まいは、完成見学会を実施しないのですが、
設計アイディアを、WEB上にてご紹介してまいりますので、お楽しみに!


「あつたの家」(近くの山の木でつくる家)
設計・施工/(株)ザイソウハウス
現場監督/西川 俊弘
棟   梁/平野 正三



--------------------------------------------------

続いて、「花園町の家」。d0095873_1844673.jpgd0095873_1857335.jpg
こちらも、昨年12月から建築を進めていた「花園町の家」。
親世帯が住まう平屋棟と、子世帯が住まう2階建て棟のふたつが寄り添う二世帯住宅です。

以前のお住まいからあり、建築を見守ってきた庭木たちも花盛りで、
外からも、内からも、華やかな景色が広がっています。


d0095873_1933852.jpgd0095873_1934912.jpg
d0095873_1943085.jpgd0095873_1944299.jpg
左上から時計回りに、設計照合(設計図と合っているか)、設備確認(給排水、電気系統が正しく接続され、機能しているか)、
仕上材・家具・建具などが正しく、美しく施工されているかの確認。
色々な高さ、角度から、隅々までチェックします。



d0095873_19113193.jpg
雨の日の午後。
照明の光が素材に柔らかく反射して、優しい色合い。雨の日の木の家も、いいものです。

検査の終盤・・・
d0095873_19152184.jpgd0095873_19153165.jpg
「きとーさん、きとーさ~ん!!」と、現場監督の鬼頭を呼ぶ、かわいい声。
ほぼ毎日、幼稚園帰りに顔を覗かしてくれる、二男のKちゃんです。
鬼頭のことが大好きで、常にくっついて廻ります。今日はKちゃんも一緒に検査中??

いやいや、今週末はお施主様の検査がありますので、
その時に、キレイになったおうちを見に来てね!


「花園町の家」は、5/21(土)・22(日)に完成見学会を開催します。
只今、ご予約受付中。詳しくは、ザイソウハウスのHPイベント情報」をご確認ください。



「花園町の家」(長期優良住宅先導プロジェクト採択・近くの山の木でつくるOMソーラーの家)
設計・施工/(株)ザイソウハウス
現場監督/鬼頭 康博
棟   梁/小林 文男




ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

[PR]

by zaiso-house | 2011-05-11 19:31 | 家づくり
2011年 05月 06日

木のおもちゃ箱。

d0095873_21222790.jpgd0095873_1902785.jpg
竣工して半年を経た、「暮らしを愉しむ家」。
先日半年点検に伺いました。
お引き渡し時は、植栽や外構工事が未完成でしたが、冬の間に無事完成し、「住まい」らしく、馴染んでおりました。

<お引き渡し当時>
d0095873_1963155.jpgd0095873_1964343.jpg





「暮らしを愉しむ家」には、3人の元気なお子様がいらっしゃいます。
ご夫婦も趣味をお持ちで、様々な「暮らしを愉しむ」空間がありながら、それぞれが機能的に結びついている、
そんなコンセプトの住まい。
d0095873_1911653.jpg
お昼間は、照明なしでも十分に明るい室内。

d0095873_19124993.jpgd0095873_19131524.jpg
d0095873_1923081.jpgd0095873_19231550.jpgd0095873_19234183.jpg
庭先に植えられた季節の花が、さりげなく、室内にも彩りを添える。
和室もふだんはオープンにしており、子供たちの遊び場です。
吊り収納の下に飾られたウサギは、小学生のお姉ちゃんの作品。


d0095873_19373866.jpgd0095873_19375059.jpg

キッチンカウンターの下に造られた棚には、ずらりと木のおもちゃや本が並べられ、
ダイニングのカウンター収納にも、木のおもちゃがたくさん。

「昔、友人の家を訪れた時に、木のおもちゃがいっぱいあって。おもちゃ箱みたいだったんです。
私も、そんな家にしたいなぁ、って憧れました。」と奥様。
木のおもちゃは、コツコツ集められたそうで、モンテッソーリ教育法というものに基づいたものが多い。

※モンテッソーリ教育法とは、ローマの医師モンテッソーリが始めた、感覚教育法。
子供たちが自由に、自発的に遊び、考え、学ぶことを重んじている。


一見、カラフルな積み木。オブジェにいいなぁ、と思いながらも、
子供たちに遊び方を訪ねてみると、真剣なものづくりが始まりました。
d0095873_19511120.jpgd0095873_19513097.jpg
d0095873_1952369.jpgd0095873_19524340.jpgd0095873_19531110.jpg
こんな形が出来上がります。

d0095873_19533934.jpgd0095873_19541129.jpgd0095873_19535485.jpg
写真左と、真ん中は、同じパーツから出来ています。
絶妙なバランスで組み上がっている積み木。
色ごとに、それぞれ重さが決まっていて、例えば黄色+きみどり=水色の重さ、といったように、バランスを考えながら組み合わせていきます。

単純な形から、計算をしながら、様々な形を造り上げられるおもちゃ。

奥が深くて、おもしろいなぁ~と、見入ってしまいました。


d0095873_19592077.jpgd0095873_19595494.jpg
まだまだ出てくる、木のおもちゃ。
子供たちも競って、「僕はあれができる」「私はこれができる」と色々と作ってくれながらも、
「これは、お姉ちゃんだったらできるよ」と、ちゃんと他を認めている様子も微笑ましく。

「たまに遊ぶとおもしろいねぇ!」と言いながら、夢中で遊ぶ子供たち。

機械的で、画一的な物が溢れている世の中。
自分で考え、工夫して創り出す、そんなおもちゃが新鮮です。
そして、そのようなおもちゃに惹かれる方が、私たちの造る木の家を選ばれるのも、納得。


※住まい手さんは、「遊ぼ」さんや、「クラッペ(天白区の焼山交差点)」さんで、木のおもちゃを購入されているそう。
自分の目で見て、いいと思ったものだけを買いたい、と、現地まで行かれるそうです。
プレゼントにも喜ばれそうですね。


d0095873_2041231.jpg
これからは夏野菜が育つ季節。
子供たちの興味は、お庭遊びや、家庭菜園にも及んでいます。

「暮らしを愉しむ家」のこれからが、楽しみですね!








ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

[PR]

by zaiso-house | 2011-05-06 20:33 | 暮らし