ZAISO-TIMES

zaisotimes.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2012年 04月 25日

ネットのお話。

d0095873_1732374.jpgd0095873_1733726.jpg

建築中の建物の外周部には、足場が建てられており、
その足場に沿って、建物を包み込むように、ネットが取り付けられています。
(写真の、青やグレー色のもの)

これは、飛散防止ネットと言われるもので、
足場から人や物が落下することを防いだり、近隣にゴミが飛び散ることを防いだり、という役目があります。
風であおられることのないよう、しっかりと足場に結束され、
また、たるみなくピンと張った状態が好ましい。


d0095873_1794823.jpg
このような高台のところでも、飛散防止ネットがきちんと張られていると、安心感が違います。
人や物が落下したり、物が飛ばされたりすると、大変ですから。


d0095873_17111347.jpg
飛散防止ネットを張るのは、建て方の時。
ネットと足場はセットです。足場が解体されると同時に、このネットも取り外されます。


d0095873_17122981.jpgd0095873_1712415.jpg
d0095873_1713491.jpgd0095873_17131327.jpg
ネットは下まできちんと伸ばします。
家づくり現場にはなくてはならないもののひとつで、
ピシッと、美しく張るように心がけています。

造り手も、ご近隣も、お施主様も、安心できる現場環境にしたいものですね。




ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

d0095873_19105572.jpg

楽しい省エネライフを送ろう!
私たちは、この運動に賛同しています。

d0095873_2005798.jpg
太陽をうまく使い、
家そのものが働く床暖房「OMソーラー」

d0095873_11491345.jpg
チルチンびと別冊40号
「だからOM 安心の家づくり」
定価990円

「花園町の家」が紹介されています。
書店・図書館にて、ぜひご覧ください。

[PR]

by zaiso-house | 2012-04-25 17:28 | 家づくり
2012年 04月 20日

ファサード。

ファサード(facade)=建物の正面。
その家の顔であり、人を迎える場であり、街の景色に影響を与えるもので、
外観をデザインする上で、非常に重要視する部分です。

d0095873_1771188.jpgd0095873_1771997.jpgd0095873_17124344.jpg
d0095873_17274380.jpgd0095873_17305416.jpgd0095873_1731533.jpg
すっきりとした、シンプルなデザイン。
通りから少し距離をとり、
木々を植え、街の風景に柔らかく溶け込む。


d0095873_17333863.jpgd0095873_17334957.jpg
d0095873_17392170.jpgd0095873_19153391.jpg
窓の配置や色合い、素材等、
正面だけでなく、側面や裏手側も整えることは、廻りに住まう方への気遣いでもあります。



d0095873_19232359.jpgd0095873_19233618.jpg
主張せず、景色に馴染む。



d0095873_19262426.jpgd0095873_19263434.jpg
夜は、暖かなあかりを灯す。




家は住まい手のものであり、街の財産でもあります。
同じ顔が並ぶのではなく、
はたまた、異質なものが混在するのでもなく、
その地域に調和する街並みが、心地よいと思います。
住まう人にも、廻りの方にも優しい風景を、造っていきたいと思っております。






ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

d0095873_19105572.jpg

楽しい省エネライフを送ろう!
私たちは、この運動に賛同しています。

d0095873_2005798.jpg
太陽をうまく使い、
家そのものが働く床暖房「OMソーラー」

d0095873_11491345.jpg
チルチンびと別冊40号
「だからOM 安心の家づくり」
定価990円

「花園町の家」が紹介されています。
書店・図書館にて、ぜひご覧ください。

[PR]

by zaiso-house | 2012-04-20 19:34 | 設え
2012年 04月 16日

見える、繋がる。

d0095873_11402266.jpg
昨年11月からスタートした、OM SMART NET。現在は、OMソーラーの標準機能になっています。
今日はこのシステムをご紹介。

OMスマートネットは、OM流のHEMS(ヘムス)。
OMソーラーの運転状況や、外気温度、室内温度などの温熱環境データを、15分おきに自動で記録し、
パソコンやスマートフォンで、リアルタイムに見ることができます。
また、過去の情報も簡単にさかのぼることができます。
そして、光熱費データをストックすることができます。

この情報は、エコナビOMというサイトで管理されており
このサイト上で、全国のOMソーラーの家の住まい手さんのデータも見ることができます。
(公開、非公開は選ぶことができます。)



d0095873_1271357.jpg
ザイソウハウスの住まい手さんの、現在のデータを拝見してみましょう。
名古屋は曇りですが、棟温度は45℃あり、OMソーラーは稼働中。
外気温と室内温度はさほど変わらないですが、熱が基礎コンクリートに蓄熱されているので、
今夜~明日の朝の室温低下を低減できそうです。

【OMスマートネットのイイところ】
●外出先から、我が家の今の温熱環境をチェックできます。
●他の住まい手さんと、リアルタイムで比較ができるので、
例えば、「他の方は、今、夏モードなのかしら、冬モードなのかしら?」
「この方の家は、我が家より暖かいけれど、何かOM以外の暖房をつけているのかしら?」
「この方の家は、我が家より涼しいけれど、暑さ対策をされているのかしら?」
等、情報交換ができます。
●環境家計簿を公開している場合は、その情報も比較できます。
●そうして情報を比べていると、ご自身の家や暮らしに興味がわきます。
 工夫してみよう!という気持ちになります。
●その情報を、OMソーラー本部や、我々工務店も見ることができるので、
 個別にアドバイスができます。
●さらに、運転状況のチェックができるので、メンテナンスにも役立ちます。




d0095873_17262640.jpg
こちらは、同じ住まい手さんの、今年2月19日のデータ。
朝方の最低気温は-5℃だったこの日、室内の最低気温は14℃。
晴れていて、十分に集熱できたこの日は、最高気温8℃の時間に、室内最高温度19℃をマーク。
室内温度が19℃で、今日現在(4月16日)の室温(23℃)より4℃低いくらい。

エコナビOMは、誰でも見ることができるので、
公開されている情報は、OMソーラーの採用を検討されている方にも有益です。





d0095873_18305414.jpg
仕組みをまとめると、こんなイメージ。
これからの夏は、簾をつけたり、打ち水をしたり、窓を開けたり閉めたりして、
工夫をしながら、住まいの温熱環境の変化を見ることもできそうです。

私たちは夏と冬に、住まい手さんの家で温湿度実測をさせていただき、
その結果から暮らしのアドバイスをしていますが、その簡易版として使えそう。

情報交換がさらに活発になれば、貴重な知恵袋になります。



OMソーラーのスマートネットは、
情報を一元化、見える化しながら、人と人とを繋げて、
大きなコミュニティを形成していく場です。
住まい手さんも、OM導入を検討されている方も、
エコナビOMを是非チェックしてください。




ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

d0095873_19105572.jpg

楽しい省エネライフを送ろう!
私たちは、この運動に賛同しています。

d0095873_2005798.jpg
太陽をうまく使い、
家そのものが働く床暖房「OMソーラー」

d0095873_11491345.jpg
チルチンびと別冊40号
「だからOM 安心の家づくり」
定価990円

「花園町の家」が紹介されています。
書店・図書館にて、ぜひご覧ください。

[PR]

by zaiso-house | 2012-04-16 14:16 | OMソーラー
2012年 04月 10日

桜咲く、建物構造見学会。

d0095873_11251384.jpg
穏やかな晴天に恵まれた、先週の日曜日。
「木々の懐の家」では、建物構造見学会を開催いたしました。

東側にある神社の杜に寄り添うような環境の住まい。
3月中旬に上棟し、雨仕舞いが終了、社内放水検査をクリアしたところです。
仕上げ材を施工する前の、隠れてしまう部分をご覧いただく見学会。

d0095873_11323878.jpgd0095873_11331117.jpg
d0095873_11381357.jpgd0095873_11363822.jpg
d0095873_11365273.jpgd0095873_11372729.jpg

床下、壁の中、天井の中、家の構造、骨組み、配管や配線のこと、断熱材のこと、、、、
どのように工事が進んでいくのか、具体的に知ることもできます。
家づくりをされる一足先の工事現場見学は、ご自身の住まいづくりの時にきっと参考になるはずです。

d0095873_11341751.jpgd0095873_11345241.jpg
晴天だったこの日、OMソーラーも稼働して、太陽熱の暖かさを体感していただきました。
屋根の集熱温度は57℃なので、立下りダクトから出てくる空気
(=本来、床下に送られ、蓄熱される空気)は、お風呂の熱めのお湯くらいのぬくもり。
あたたか~い、と風にあたっている子も。
でも、写真を撮った後、暑くて排熱していました^^;。
床下に蓄熱すれば、夜や次の日の朝に、その恩恵を受けられることになります。


d0095873_11485082.jpg
お隣の神社の桜は、満開直前。
日曜日は、お花見をされた方も多いのではないでしょうか。

住まい手さんも、毎年この桜を見ながらお散歩されることになるのでしょうね。
「木々の懐の家」は、7月に完成予定。
その頃は、木々の緑がまぶしくて、それもまた魅力的な環境となるでしょう。
完成見学会も開催予定ですので、お楽しみに!




ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

d0095873_19105572.jpg

楽しい省エネライフを送ろう!
私たちは、この運動に賛同しています。

d0095873_2005798.jpg
太陽をうまく使い、
家そのものが働く床暖房「OMソーラー」

d0095873_11491345.jpg
チルチンびと別冊40号
「だからOM 安心の家づくり」
定価990円

「花園町の家」が紹介されています。
書店・図書館にて、ぜひご覧ください。

[PR]

by zaiso-house | 2012-04-10 11:55 | 完成見学会・現場見学会
2012年 04月 04日

太陽熱の恩恵。

d0095873_14301321.jpg
築20年のOB宅の大型改修を行った「山野田の家」。
太陽熱で暖めた空気を床下に送り、床から建物全体を暖めるOMソーラーを搭載。
角度が西に約40°振れており、南東と南西の下屋に集熱面を持っています。
3月に完成見学会を行いましたが、
その際、OMソーラーのスタッフも浜松から参加、
様々な表面温度を測定し、そのデータをいただきましたので、ご紹介。

d0095873_14533086.jpgd0095873_1451764.jpg
測定時の外気温、室内温度。
写真左が、集熱面①、写真右が、集熱面②の様子。


d0095873_14431828.jpg
表面温度を映像で表すことのできるサーモカメラ。
これで撮影すると、温度が一目瞭然。


d0095873_14573452.jpg




こちらは玄関ホール。
OMソーラー対象空間(暖かい空気が行き届く場所)は、
手前の廊下まで。
奥の玄関ホールは、非対象空間です。
その差は4℃。これが太陽熱による床暖房の効果です。
4℃の差は、体感としてもわかるレベル。
しかも常に身体が触れている部分なので、その差は大きい。


d0095873_152622.jpg
























浴室と脱衣室。
北側にあり、
改修前の家では、住まい手さんが最も寒さを訴えていた部分。
暖かな空気を床下に送る、立下りダクトが近くにあり、
家の中でも床表面温度が高いところです。
ユニットバスの下にも暖気を送っており、
床表面温度もバリアフリーです。

d0095873_1521925.jpg


この日は、無暖房で外気温よりもプラス5℃ほどの室内。
(OMソーラーが稼働して間もないのですが、今後基礎コンクリートに蓄熱されていき、この暖かさはさらにUPしていきます)
玄関ホール以外の全ての床下に、太陽熱で暖められた空気が行きわたり、
足元から暖めてくれるわけですが、
動力は、空気を送り込む扇風機のようなファンのみ。
そのファンは、太陽光発電でまかなっています。※自立運転型OMの場合
OMソーラーは、非常に省エネな暖房設備なのです


そして、

d0095873_15143361.jpg








南西に面しているリビング。
陽射しが床面を暖めている様子がわかります。
開口部から入ってくる熱は、冬は約60%、夏は約70%。
冬の日射取得、夏の日射遮蔽を考慮することは、
非常に重要なポイントなのです。



「山野田の家」は、
環境省の“OM地球温暖化対策技術開発等事業”の既存住宅改修実証物件に選ばれており、
改修前の温熱環境と消費エネルギーを測定、改修を行い、改修後に再び同じ項目を1年間測定し、
既存住宅を改修することによる変化を実測データを基にまとめあげます。

どのように改善されたのか、その結果が楽しみです。




ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

d0095873_19105572.jpg

楽しい省エネライフを送ろう!
私たちは、この運動に賛同しています。

d0095873_2005798.jpg
太陽をうまく使い、
家そのものが働く床暖房「OMソーラー」

d0095873_11491345.jpg
チルチンびと別冊40号
「だからOM 安心の家づくり」
定価990円

「花園町の家」が紹介されています。
書店・図書館にて、ぜひご覧ください。

[PR]

by zaiso-house | 2012-04-04 15:49 | OMソーラー