ZAISO-TIMES

zaisotimes.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2015年 01月 27日

建方

こんにちは、現場監督の鬼頭です。
木造住宅のメインイベントのひとつ建方についてお話しします。

『建方』とは、柱・梁・小屋組を組み上げる作業のことで、
一番高いところの棟木を上げることを、『上棟』といいます。

建方から上棟までは、建物の大きさや、構造によって多少差はありますが、
在来工法ですと、たった1日か2日で上棟までいきます。
ツーバイフォー工法ですと、上棟までもう少し時間がかかります。

ザイソウハウスの住宅はほとんどが在来工法です。
1日で上棟できるように建物の大きさに応じて6人~8人の大工さんを呼び、
柱や梁を上げるクレーン車(レッカー)と協力して進めます。

建方当日、最初に行うのが、朝礼です。
役割分担や、作業手順、安全確認、大工の健康状態等を確認します。

建方時の役割は、主に木建・玉掛け・合図の3つに分かれます。
・木建(木造建築物の組立て等作業主任者)    
全体の指揮をとります。他の大工は、木建者の指示に従い行動します。
・玉掛け    
クレーン車に柱や梁を上げるロープを掛けたり、外したりします。
・合図 
クレーン車にどこに柱や梁を降ろすか合図をします。


作業手順は、1階柱建て→1階梁掛け→2階床合板伏せ→2階柱建て→2階梁掛け
→小屋裏床合板伏せ→小屋束建て→小屋梁掛け→棟梁(むねばり)掛け
 の順に進めます。


安全確認では、仮設足場の状態を確認したり、脚立の天端には乗らないように指示をしたり、
柱や梁が吊り上っているときに吊荷の下に入らないなど、事故が起きないように確認していきます。
大工の健康状態は、寝不足でないか、風邪をひいてないか、体がだるくないかなどの体調を確認していきます。

朝礼が終わると、いよいよ建方です。
柱1本1本の番付に従って、所定の場所に柱を建てます。
d0095873_1564669.jpgd0095873_16102865.jpg

梁は1本ずつクレーンで吊り、番付に従って所定の場所に架けていきます。
d0095873_15162630.jpgd0095873_16105780.jpg

次に、床合板を敷いていきます。
d0095873_15211062.jpgd0095873_15213732.jpg

2階も同様に組み立てていきます。
小屋裏は束を建てた後、棟梁(むねばり)を組み立てます。
d0095873_15222457.jpgd0095873_1523484.jpg

その後、野地板、防水紙を敷いて1日の作業が終了します。
*建物の大きさにより、この工程が、翌日になることもあります。
d0095873_1523513.jpgd0095873_15242119.jpg

棟木が架かれば、構造躯体の組み立ては完了です。
当り前の様に思うかもしれませんが、棟が上がるまでは柱や梁など大きな材料を
持ち上げる作業等の安全と、精度よく組み上げるために現場の空気は張りつめています。
そして、棟木が架かるということは家が無事に建ったことになります。
その為、建方がメインイベントになるのです。
ここから、屋根・外壁などを仕上げていきます。 



ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

d0095873_2013743.jpg
地産地消にこだわる、
オススメSHOPのご紹介

d0095873_19105572.jpg

楽しい省エネライフを送ろう!
私たちは、この運動に賛同しています。

d0095873_1156943.jpg
陽だまりのようなぬくもり。
太陽熱で、床から家全体を暖める「OMソーラー」


d0095873_11543615.jpg
チルチンびと別冊46号
「OMソーラー 夏の風、冬の温もり」
定価 990円

「和暮楽の家」が紹介されています。
書店・図書館にて、ぜひご覧ください。

[PR]

by zaiso-house | 2015-01-27 16:22 | 家づくり
2015年 01月 16日

結露について

こんにちは、メンテナンス&リフォーム担当の大野です。
今回は結露についてお伝えします。

d0095873_19243993.jpg

なぜ結露は発生してしまうのでしょうか。
水まわりや寝室などの窓で見掛ける事はありますが、
湿度が高いからでしょうか。
窓が冷やされるからでしょうか。
もちろんそれらが要因のひとつとなりますが、
本題に入る前に、結露のメカニズムについて簡単に触れておきます。


ご存知の通り、空気中には、目には見えませんが水分が含まれています。
いわゆる水蒸気と呼ばれるものですが、同じ体積の空気でも温度により
溜めておける水分量が変化します。
温度が高いほど多くの水分量を溜める事が可能で、逆に温度が低い程
溜めておける水分量が少なくなります。
すなわち、温度が下がれば溜める事が出来なくなった水分が余剰分として
水滴という形で発生してしまう事を意味します。
簡単な説明ですが、これが結露発生のメカニズムです。
冷たいビール瓶に触れた空気が急に冷やされ、空気中で留めておけなくなった水分が
水滴として発生する現象もこれに当たります。

それでは、住宅ではどんな結露があるでしょうか。


~壁内結露~
文字通り、壁の内側で発生してしまう結露の事です。
断熱工法でグラスウール等の断熱材を使用する場合、
隙間があったり、室内防湿シートの貼り付けがない場合に、発生リスクが高まります。
防湿シートを隙間無く貼ることで防ぐことができます。
その他にもザイソウハウスで主に採用しているポリスチレン等の押出断熱材の場合は、
外部からの湿気を通さず断熱性能も高いので、隙間無く施工さえすれば、
防湿シート無しでも結露の発生を防ぐ事が出来ます。

壁内結露に関しては、工事後に解消する事は困難である為、
上記の注意点に留意して施工する事が重要となってきます。


~表面結露~
窓に発生する結露がこれに該当します。その他、壁紙や家具、排水管の
結露などがありますが、いずれもビール瓶と同じ原理です。
結露部分をそのままにしておくと、カビが生えたり、クロスが剥がれたりする
恐れがあります。アレルギーの原因となるダニは、カビを食べるので注意したいところです。

表面結露はちょっとした工夫や生活スタイルを変える事により、改善出来る可能性があります。
既にご存知かもしれませんが、対策案をいくつかご紹介します。


■暖房機器を変えてみる
灯油ストーブ、ガスストーブ等は水蒸気が発生しやすい為、
電気ヒーターやエアコン、オイルヒーター等を使用してみる。
(但しFF式等の煙突があるタイプはそのまま使用してもOKです)
予算が許せば、薪ストーブやペレットストーブ等の使用なども良いでしょう。

■加湿器の使用時間を控える
加湿器の使用時間を控える事により効果が出るかもしれません。
睡眠時の呼気は結構な量の水蒸気を発生します。就寝時に乾燥していても
自然に寝室の空気は湿ってきます。加湿器を付けっ放しにしていると
明らかに飽和状態となってしまう為、出来ればタイマー式の加湿器で
就寝時のみ作動させる様にしましょう。
但し、乾燥に弱い方は、無理のない程度でご使用下さい。
逆に乾燥に強い方は、除湿機を設置するのも良いでしょう。

■換気扇を作動させる
湿った空気が滞留すると結露の発生リスクが高まります。
24時間換気設備があるご家庭は、換気扇を常時ONにする事により
空気の流れが生まれ、結露が軽減できるかもしれません。
上記設備がない場合は、トイレやキッチン等の換気扇で代用しましょう。

■窓開け換気をする
冬の時期に窓を開けるのは大変つらいですが、特に結露している部屋の空気は
湿気が多い為、一度に多くの換気できる窓開けは、除湿面で非常に有効です。
しっかりと空気が動くように、出来れば窓を2ヶ所開けると効果的です。
但し、雨天時は逆効果になってしまうので、注意が必要です。

■極端に温度が低い部屋に注意する
空気中の水分は、ドアがあっても各部屋へ流れ込みます。
同じ湿度であれば、温かい部屋は結露しにくいですが、寒い部屋は
空気中に留めておける水分量が少ない為、結露しやすくなります。
使用していない部屋も、冷やしすぎない事が、壁紙や家具等の結露対策となります。
暖房している部屋の暖房効果は下がってしまいますが、可能であれば
閉めきりの部屋をなくし、少しでも温度差を解消したいものです。
それが難しければ、窓開けや換気扇で湿気を逃す事を考えましょう。

■窓廻りの改善
最近は2重ガラスが標準ですが、単層ガラスでも2重ガラスに交換する事が可能です。
また、既設窓の手前に内窓を取り付ける方法や、結露防止ヒーターの設置なども
更に効果が期待されます。

d0095873_19265030.jpg
結露防止ヒーターの一例


d0095873_19282569.jpg
内窓施工例


■内装材に自然素材を使用する
内装材で使用できる自然素材には、無垢の床板、壁板、天井板や
塗り壁用の珪藻土など様々あります。いづれも吸放湿性があり、余剰な湿気を
一時的に吸湿し、また乾燥時に放湿するなど、調湿作用も期待できます。
これらは、既にお住まいの方が手軽に出来る事ではありませんが、
これから建築される方や、リフォームを検討されている方には、是非検討して
頂きたい内装材です。


いかがでしたでしょうか。
・水蒸気を発生するものの使用を控える
・湿度を上げすぎない
・換気をする
・冷える場所を作らない
・吸放湿作用を利用する

このポイントを押さえて対策を考えれば、不快な結露が解消できるかもしれません。



ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

d0095873_2013743.jpg
地産地消にこだわる、
オススメSHOPのご紹介

d0095873_19105572.jpg

楽しい省エネライフを送ろう!
私たちは、この運動に賛同しています。

d0095873_1156943.jpg
陽だまりのようなぬくもり。
太陽熱で、床から家全体を暖める「OMソーラー」


d0095873_11543615.jpg
チルチンびと別冊46号
「OMソーラー 夏の風、冬の温もり」
定価 990円

「和暮楽の家」が紹介されています。
書店・図書館にて、ぜひご覧ください。

[PR]

by zaiso-house | 2015-01-16 20:57 | 暮らし
2015年 01月 05日

2015年

あけましておめでとうございます。
皆様、良いお年をお迎えになったことと思います。設計担当の吉谷です。
ザイソウハウスは今日が仕事初めです。

本年もこれから家造りをする方・現在家造りをされている方・ザイソウハウスで
家造りをされた住まい手の方、家造りに関わる皆様に真摯に向き合い、
心地よい暮らしを提供できる様に設計~メンテナンスまで一生懸命お手伝いいたします。
今年もよろしくお願いします。

d0095873_202167.jpg


この冬ザイソウハウスでは、お客様のご好意をいただきまして、
1/8(木)~2/28(土)の期間限定で
「近くの山の木でつくるOMソーラーの家」のモデルハウスを開くことになりました。

このモデルハウスは、昨年末に知多市で完成見学会を行った「あさくらの家」です。

太陽熱を利用して屋根で温められた空気を使って床暖房・給湯をすることで
消費エネルギーを抑制し、空気を循環させることによる室内換気ができる
OMソーラーシステムを搭載したゼロエネルギー住宅です。

是非、この機会にザイソウハウス「近くの山の木でつくる家」のテイストと、
太陽熱で消費エネルギーを抑制して室内換気をするOMソーラーシステムを、
来て・観て・体感してください。

■ 「あさくらの家」期間限定モデルハウス 開催! ■
* 1月8日(木)~2月28日(土)       愛知県知多市内 ※予約制 
AM 10:00 ~ PM 5:00
お待ちしております。

お待たせして申し訳ありませんが、年末年始にいただきましたお問い合せにつきましては、
順次対応させていいただいておりますので、よろしくお願いします。




・・・・・ ザイソウハウスのイベント情報 ・・・・・

■ 「香久山の家」建物構造見学会 ■
* 日進市内       1月18日(日)
AM 10:00 ~ PM 4:00

■ 「四季彩の家」(近くの山の木でつくる家)建物構造見学会 ■
* 名古屋市緑区内  2月15日(日)
AM 10:00 ~ PM 4:00
完成後には隠れてしまう建物の構造をご覧いただき、
チェックしておきたい重要なポイントを知ることができます。


■ ザイソウの家づくりセミナー ■
3月1日(日) PM 1:30 ~ PM 4:00
家づくりに外せない設計の手法や土地探しについて
経験豊富なザイソウのスタッフが分かりやすくお話しします。


※詳細は、ザイソウハウスHP注文住宅・イベント情報」をご覧ください。


 


ブログランキングに参加しています。一日一回ポチリと、応援していただけると嬉しいです。
         ↓

     人気ブログランキングへ  ありがとうございました。

d0095873_2013743.jpg
地産地消にこだわる、
オススメSHOPのご紹介

d0095873_19105572.jpg

楽しい省エネライフを送ろう!
私たちは、この運動に賛同しています。

d0095873_1156943.jpg
陽だまりのようなぬくもり。
太陽熱で、床から家全体を暖める「OMソーラー」


d0095873_11543615.jpg
チルチンびと別冊46号
「OMソーラー 夏の風、冬の温もり」
定価 990円

「和暮楽の家」が紹介されています。
書店・図書館にて、ぜひご覧ください。

[PR]

by zaiso-house | 2015-01-05 20:48 | ザイソウハウスのこと